Category Archives: 全国共通

「東海第二原発の新規制基準適合性審査を問う」
 - 民意は老朽被災原発-東海第二原発の20年運転延長を許さない –
  院内集会と記者会見

5月の「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」結成以後取り組んでいる「東海第二原発の20年運転延長・再稼働反対」署名は1万筆をこえ、全国からも連日、郵送で届いています。
この署名活動は9月以降も継続して取り組みますが、これまでの「連絡会」の活動を報告し、今後予定している活動『10・20首都圏大集会』と『10・26<原子力の日>原電包囲ヒューマンチェーン』について、皆様方のご協力をお願いしたく院内集会・記者会見を開催します。
多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

【院内集会】
 日時 2018年9月7日(金)13:30 ~ 14:50
 会場 衆議院第2議院議員会館 1F 多目的会議室 ※通行証配布 13時~

【記者会見】
 日時 2018年9月7日(金)15:00 ~ 16:30
 会場 衆議院第2議院議員会館 1F 多目的会議室

 
[内容]
(1)原子力規制委員会による「東海第二原発設置変更許可審査」の問題点
 解説 山崎久隆氏(たんぽぽ舎副代表、60項目のパブコメ意見提出者)
    木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)
    野口修氏(つくばみらい市議)
(2)首都圏各地における自治体の意見書採択状況と議会要請行動

(3)全国各地に広がる「運転延長反対の署名」

(4)今後の行動提起
  10・20首都圏大集会と10・26<原子力の日>原電包囲ヒューマンチェーン

主催 とめよう!東海第二原発首都圏連絡会
問合せ 070-6650-5549 メール stoptokai2.shutoken@gmail.com
記者会見について >>>080-1012-4661(沼倉 連絡会世話人・たんぽぽ舎)
ホームページ https://stoptokai2-shutoken.jimdofree.com/

原子力規制委員会は東海第二原発の「設置変更許可」の審査を終了し、現在、パブコメに寄せられた意見の検討を経て、近々にも「審査書案」が確定される状況にあります。
一方、茨城県内の6割を超える自治体では延長運転に反対する「意見書」が採択され、この動きは、首都圏全域の地方議会にも広がっています。民意は明らかに老朽原発の再稼働に反対と言えます。
今回、パブコメに60項目の意見を提出した山崎久隆さんや、実際に地方議会に請願を提出した住民の皆さんが、老朽、被災原発の危険性について明らかにします。
 

5月21日に発足した「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」から署名のお願いが届いています。皆さまご協力お願いいたします。

【東海第2原発の運転延長・再稼働反対署名】

https://stoptokai2-shutoken.jimdofree.com/東海第-2-原発の運転延長-再稼働反対署名/

※この署名についての問合せ先
とめよう!東海第二原発首都圏連絡会
 メール stoptokai2.shutoken@gmail.com 電話 070‐6650‐5549

原子力規制委員会 院内ヒアリング集会 第3回

東海第二原発の再稼働審査を問う!
– 首都圏に最も近い老朽・被災原発を動かすな –

日時 2018年7月13日(金)13:15 ~ 16:30
場所 衆議院第二議員会館 第1会議室 出席依頼:原子力規制庁
最寄駅 国会議事堂前、永田町駅

 私たちは、2月と5月に規制庁の担当者を招いて院内ヒアリング集会を実施し、東海第二原子力発電所の稼働の危険性を詳細に訴えてきました。
 残念ながら原子力規制委員会は、東海第二原発の運転延長・再稼働についての地元及び首都圏及び全国の人びとの反対の声にも拘らず、設置変更許可・工事計画認可・運転期間延長認可の3つの審査を「一体審査」と称して並行して前のめりで審査し続け、7月4日の規制委定例会議では設置変更許可の認可を確認しました。
 老朽・被災・超危険原発の運転延長・再稼働は、断じて容認できません。現在の審査の状況を確認し、設置変更許可認可を糾弾し、工事計画と運転延長の審査について追及するため、東海第二についての第3回目の院内ヒアリング集会を開催します。
是非ご参加願います。

質問項目:
1 炉心安定性と原子炉停止問題
2 ケーブル火災について
3 ブローアウトパネルと加振試験問題
4 津波による漂流物の問題
5 東海第二原発の安全性にとって、東海再処理工場の事故からの影響を考慮
  することは必須課題
6 「爆発」事故発生のきっかけの一つとして津波
7 審査情報公開
8 前回までの質問・回答への追加質問

質問予定:(首都圏)山崎久隆、木村雅英
     (茨城県)川澄敏雄、大石光伸、相沢一正、披田信一郎
      集会参加者

集会次第(案)(13時~17時)
  13時00分~ 通行証配布開始
  13時15分~ 開会
  13時20分~13時55分 事前学習会
     休憩(5分)
  14時00分~16時00分 原子力規制庁ヒアリング
  16時00分~16時30分 意見交換会

共催 再稼働阻止全国ネットワーク、とめよう!東海第二原発首都圏連絡会
問合せ(再稼働阻止ネット 事務局)
メール info@saikadososhinet.sakura.ne.jp TEL 070-6650-5549
 

◆株主総会に合わせ、原電を包囲し、東海第二原発の
20年運転延長と再稼働に反対する署名提出、申し入れ行動

日時 2018年6月29日(金)13:30~14:30
場所 日本原子力発電(株)本店前(千代田区神田美土代町1番地)
交通 都営新宿線 小川町駅B6出口より2分
呼びかけ 「とめよう!東海第二原発 首都圏連絡会」
問合せ 070-6650-5549

 

◆日本原電周辺街頭アピール行動(リレートーク、チラシ配布、署名活動)

6月26日(火)16時~18時 都営線小川町駅B6出口 地上(日本原電本店の最寄駅)
6月27日(水)10時半~11時半 JR御茶ノ水駅(御茶ノ水橋口 側)
6月29日(金)11時~12時 JR御茶ノ水駅(聖橋 側)

   

 

◆署名にご協力ください
「稼働40年を迎える老朽原発、首都圏にある「東海第二原発」を20年延長させないでください」
 
提出先
 日本原子力発電(株) 取締役社長  村松 衛様
 原子力規制委員会委員長       更田豊志様
 経済産業省大臣             世耕弘成様
 東京電力ホールディングス(株) 代表執行役社長  小早川智明様

東海第二原発は3.11の際、過酷事故寸前だった被災原発で、稼働40年目前の老朽原発です。30キロ圏内に96万人が生活し、東京まで100キロの人口密集地帯の首都圏原発です。危険な東海第二原発の運転延長を止めて、速やかに廃止して、住民の不安を解消して下さい。

【連絡会ホームページ開設しました】 「stop東海」で検索!https://stoptokai2-shutoken.jimdofree.com/
署名用紙ダウンロード
ネット署名 (1分でできます。是非署名願います)
 

●署名についての問合せ先
とめよう!東海第二原発首都圏連絡会
 メール stoptokai2.shutoken@gmail.com 電話 070‐6650‐5549

【報告】5月21日「とめよう!東海第二原発 首都圏連絡会」結成される。
茨城現地も含め一都七県から、運動団体、個人が多数参加。「連絡会」加入も呼びかけ。

●集会報告(PDF

●集会決議文(PDF

20180521_2 20180521_1

 

【問合せ】
〒101‐0061千代田区神田三崎町2-6-2 ダイナミックビル5階 たんぽぽ舎気付 
「とめよう!東海第二原発 首都圏連絡会」 
 Tel:070-6650-5549  Fax:03-3238-0797

規制委員会による東海第二原発の適合性審査は現在急ピッチで進行しております。6月7日の東京新聞によると、更田委員長は、再稼働に必要な新規制基準への事実上の「適合」を示す審査書案の公表時期は「早くて、今月下旬ごろ」という見解を示したとの事です。

このような状況下、首都圏連絡会は下記の規制委員会前抗議行動を実施する事を決めました。
万障お繰り合わせの上、多くの方が参加して下さいますようお願い致します。

原子力規制委員会 水曜昼休み抗議行動
2018年6月13日(水)ひる12時~13時
2018年6月20日(水)ひる12時~13時
場所 六本木ファーストビル前(港区六本木1丁目9番9号)
交通 東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」から「泉ガーデンタワー」を経て徒歩4分、日比谷線「神谷町駅」徒歩8分
呼びかけ
 原子力規制委員会 毎水曜昼休み抗議行動、とめよう!東海第二原発首都圏連絡会(メール連絡 stoptokai2.shutoken@gmail.com)

●「首都圏連絡会」が5月30日規制委員会に提出した申入れ書 PDFダウンロード
 
●「東海第二原発の運転延長・再稼働反対署名」を開始しました。みんなの力を合わせ、被災、老朽原発の再稼働をとめましょう。>>> 署名

(このイベントは終了しました)

「4.22関電包囲全国集会」に結集しよう!

原発再稼働阻止、原発全廃のためにご奮闘の皆様へ

大飯原発3号機に続いて玄海原発3号機もが再稼動されてしまいました。
人の命と尊厳をないがしろにする電力会社や政府に対する抗議の怨念で一杯ですが、私たちの脱原発、反原発の戦いは、民意に立脚した正義の闘いですから、必ず勝利します。
全国のみなさま、4.22関電包囲行動へのご参加をお願いします。
【詳細PDF】
Blog (現地最新情報はこちらのブログに掲載される場合があります)

とき:2018年4月22日(日)13:00~14:30
ところ:関西電力本店前(大阪市北区)

<集会後、御堂筋デモ>
関電前集会が終わり次第、徒歩で公園に移動します。
 集合 15:00~15:15
 場所 うつぼ公園(大阪市西区)
 うつぼ公園からデモ出発 15:15
 デモ終了(難波)    16:45頃

主催 大飯原発うごかすな!実行委員会
問合せ
宮下(原子力発電に反対する福井県民会議
TEL 0776-25-7784 Fax:0776-27-5773 E-mail kenheiwa@quartz.ocn.ne.jp
木原(若狭の原発を考える会)
TEL 090-1965-7102、Fax:075-501-7102 E-mail kiharas-chem@zeus.eonet.ne.jp

♪ カンパのお願い ♪

口座記号番号:00930-9-313644  加入者名:若狭の原発を考える会
通信欄に「関電包囲全国集会へのカンパ」とお書きください。

 

(このイベントは終了しました)

4/15(日)16(月)の2日間にわたって再稼働阻止ネット主催の全国相談会を開催します。参加費等については当日会場でおたずね下さい。

日時 2018年4月15日(日)13:30~21:00 、16日(月)9:00~12:00

場所 スペースたんぽぽ(東京都千代田区三崎町2-6-2 ダイナミックビル4F) Googleマップ
最寄駅 JR水道橋駅

—–<日程>—–
◆15日(日)昼の部 13時半~17時
○再稼働をめぐる現状
 規制委と新規制基準、経産省とエネルギー基本計画、核のゴミ、廃炉
○東海第二原発の再稼働・延長をめぐる現地報告

◆15日(日)夜の部 18時~21時
○大飯、玄海、伊方の再稼働をめぐる現地報告(各20分)
○東海第二原発再稼働阻止

◆16日(月) 9時~12時
○全国各地の報告
○情報交換体制と財政
○次回開催について

◆16日(月)13時半~14時
○日本原電 本店(東京・神田)抗議行動
——————–
※原発現地の代表者1名には交通費補助(実費の半額)、数名の場合には追加1名につき1万円補助の予定です。ただし東京圏からの参加者を除きます。宿泊については各自でお手配願います。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 神戸製鋼に続き、三菱マテリアルの製品にも品質データ改ざんが発覚したにもかかわらず、原子力規制委員会は審査書を確定、3月に大飯3号機(関西電力)、玄海3号機(九州電力)が再稼働、5月にはそれぞれの4号機の再稼働が予定されようとしています。
 新潟の柏崎刈羽原発6、7号機についても審査合格が出されましたが、県側の反対が強く、実質的な再稼働時期の見通しは立っていません。
 東海第二原発は、今年11月が「運転開始40年」にあたるため、20年延長による再稼働申請を出していますが、原子力規制委員会に対する資料提出が遅れており、11月までに審査合格とならない場合、「廃炉」が決定するとみられています。
 四国電力は、伊方2号機について採算割れのため廃炉を決定しました。伊方3号機は広島高裁が出した仮処分決定によって現在は停止していますが、9月ごろ再稼働される可能性もあります。

そんな状況の中での開催です。ふるってご参加ください。

 
問合せ 再稼働阻止全国ネットワーク事務局
メール info@saikadososhinet.sakura.ne.jp
TEL 070-6650-5549 FAX 03-3238-0797(再稼働阻止全国ネットワーク宛、と明記下さい)
 

青天井で増える原発コスト
 東京電力と原発を延命し、そのツケは国民へ

 大島堅一(立命館大学国際関係学部教授)       (構成・文/川喜田研)
https://imidas.jp/jijikaitai/a-40-119-17-06-g414

2016年12月に経済産業省が示した、東京電力福島第一原子力発電所の事故処理費用は約21.5兆円。従来試算の2倍に跳ね上がった。そして、損害賠償に充てるお金の一部は「託送料金」、つまり送電線の使用料から徴収するという“奇策”も打ち出してきた。これを認めてしまえば、国民が支払う原発関連の費用は青天井になる可能性がある。龍谷大学の大島堅一教授が警鐘を鳴らす。
read more

東京電力改革・1F問題委員会(第6回)2016/12/9開催
‐ 議事要旨
‐ 配布資料

3月7日~8日の報道で、13日とされていた大飯原発3号機の再稼動が14日に延期されることが分かりました。さらに15日以降にずれこむ可能性もあります。これをうけ、大飯原発うごかすな!実行委員会では、大飯原発再稼動を断固阻止するため、13(火)・14(水)、あるいはそれ以降もおおい町現地での連続闘争を呼びかけています。

(2018/3/8 05:00 日刊工業新聞)
関電、大飯原発3号機 – 最短で14日再稼働
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00464962

(2018年03月07日 17時31分 YOMIURI ONLINE)
大飯原発3号機、14日にも再稼働 関西電力
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180307-OYT1T50089.html

【3月13日(火)】
<3.13(火)大飯原発3号機うごかすな!おおい町現地デモ、ゲート前集会>

◆12:00 塩浜海水浴場・シーサイドファミリーパーク、集合(大島半島の一番奥)
◆12:15 デモ出発前の集会
 12:50 1回目のデモ出発(大飯原発ゲート前まで)ゲート前で抗議行動と申入れ
◆14:00 関電申入れ
◆14:35 抗議行動・申入れのあと2回目のデモ出発(ゲート前から「し~まいる(*)」付近まで)
 (* はまかぜ交流センター し~まいる 福井県大飯郡おおい町大島90-27 http://bit.ly/2DaWTwD)
◆15:30 デモ終了、解散

【3月14日(水)】★15日以降にずれこむ可能性あり
<3.14(水)大飯原発3号機うごかすな!おおい町現地デモ、ゲート前集会>
 再稼動が15日以降になった場合は以下の行動を再稼動当日に行い、
 その前日はアメーバ行動やゲート前抗議行動を行います。

≪行動形態≫
 ・デモの後、ゲート前行動をくりひろげる
 ・申入れ行動なし
 ・朝、おおい町役場まえでビラまき
 ・午前中、アメーバデモ

≪行動の詳細≫

◆12:30 塩浜海水浴場・シーサイドファミリーパーク、集合、デモ 出発前のうちあわせ
 12:45 デモ出発(大飯原発ゲート前まで)
◆ゲート前で抗議行動 再稼動情勢を見ながら行動しますが、遅くとも18時には解散します。

主催:大飯原発うごかすな!実行委員会(「3.13」行動、「3.14」以降の行動ともに)
呼びかけ
(1) オール福井反原発連絡会(原子力発電に反対する福井県民会議、サヨナラ原発福井ネットワーク、福井から原発を止める裁判の会、原発住民運動福井・嶺南センター、原発問題住民運動福井県連絡会)
(2)ふるさとを守る高浜・おおいの会   (3)若狭の原発を考える会
※問合せ先
宮下正一(原子力発電に反対する福井県民会議)0776-21-5321
木原壯林(若狭の原発を考える会)090-1965-7102

●交通手段などについての問合せ先
  福井県内の方  → 090-8263-6104 林まで
  福井県以外の方 → 090-5676-7068 橋田まで

●京都からの出発便(バス) ※13日(火)のみ運行、日帰り
 8:40 京都駅南口アバンティまえ集合(時刻厳守)
 9:00 出発
※京都以外からの方も、どうぞご利用ください。

●自家用車でおいでのみなさんへ
 集合場所(塩浜海水浴場・シーサイドファミリーパーク)に駐車可

●14日の行動にむけ13日に現地宿泊希望の方は、090-5676-7068 橋田までご連絡ください
 例:城山荘(しろやまそう、高浜市)素泊まり5500円(宿泊料一部補助も考えています)

 
———-
「原発現地へ行く会」からの現地行動よびかけ

「原発現地へ行く会」より交通費補助のお知らせ(3/13・14大飯現地行動)