Category Archives: レポート、アクション、ほか

「原発政策の大転換を許すな!全国統一行動」取り組み報告書

再稼働阻止全国ネットワーク事務局

【取り組みの経緯】
岸田政権は、原発政策の大転換の実現に向け2022年5月頃より着々と準備を進めました。福島第一原発の大事故の反省の上に生まれた原子力政策と、今まで政府が国民に約束してきた内容を、根本的にふみにじるものであり、到底容認できるものではありません。このままでは、2011年と同様の原発過酷事故がまた発生し、人の住めない国になってしまう危険性があります。

「原発政策の大転換を許すな!全国統一行動」の実施状況
 リスト 行動期間:2022年12月4日~12月18日

原発政策の大転換を許すな!全国統一行動 報告(福島)

12/10(土)原発政策の大転換を許すな!原発いらね!ふくしま女と仲間たち

原発政策の大転換を許すな!全国統一行動 報告(東京 神奈川)

原発政策の大転換を許すな!全国統一行動 報告(茨城 埼玉 千葉)

原発政策の大転換を許すな!全国統一行動 ~佐賀報告

原発政策の大転換を許すな!全国統一行動 ~青森報告

原発政策の大転換を許すな!全国統一行動 ~伊方報告


 

12/22(木)「GX実行会議」に抗議!首相官邸まえ緊急行動


 

12/8(木) 院内ヒアリング集会 リポート(東京集中行動)

【緊急行動にご参加ください】

「原発やめろ!原発政策の大転換を許すな!」国会開会日行動

 日時 2023年1月23日(月)13時30分~14時30分
 場所 衆議院第二議員会館まえ
 呼びかけ 再稼働阻止全国ネットワーク

再稼働阻止全国ネットワークからの緊急行動のお知らせです。

反原発を訴える多くの団体・個人とともに、岸田政権のグリーントランスフォーメーションを口実とする原発政策の大転換に反対の声を上げたいと思います。
通常国会が召集される1月23日(月)にあわせ議員会館まえで実施します。多くの方々の参加をお願いします。団体賛同も歓迎です。

〈趣旨〉
 3.11事故以降10年にもおよぶ反原発の訴えや、昨年夏に始まった「GX実行会議」と関係審議会の動きに対する抗議の声にもかかわらず、岸田政権は昨年末、原発の運転期間を最長60年のさらなる延長を認めた上、次世代型原発への建て替え・原発活用などを盛り込んだ基本方針を取りまとめた。
 審議会は、原発推進派が多数を占める場で行われ、現在パブリックコメントが実施されているものの、形式的なものにおわる可能性が高く、岸田政権には国民の声を聴く姿勢がまったく見られない。
 通常国会は次年度予算を実施するために必要な法律案が審議される場であり、ようやく国会の場で正当な議論がなされるはずだ。私たちは、国会議員に「原発政策の大転換 反対」の声を届け、原発事故の悲惨さを省みず原発を推進する政策を何としても止めたい。

原子力発電は、タービンを回して電気をつくるためだけに核分裂を起こし大量の放射性物質をつくり出し、地球上に「核のゴミ」を貯めこむ。直ちに止めるべきだ。

 1 気候変動問題を口実に原発推進するな
   原子力発電は放射性物質をまき散らし核ゴミを貯める「海温め装置」だ

 2 エネルギー危機を口実に原発推進するな
   福島第一原発事故を起こした東電と同じ過ちを繰り返すな

 3 電力逼迫を口実に原発推進するな
   経産省や電気事業連合会の演出に騙されないぞ

 4 ウクライナ戦争を口実に原発推進するな
   原発は自国に向けた核兵器になるぞ

 5 老朽原発うごかすな 炉規法変えるな
   美浜、高浜、東海第二の運転延長・再稼働するな

 
問合せ・連絡先 再稼働阻止全国ネットワーク
メール info@saikadososhinet.sakura.ne.jp
TEL 070-6650-5549 FAX 03-3238-0797
           (FAX送付の際は「たんぽぽ舎気付」と書いてください)
 

原発政策の大転換を許すな!全国統一行動 各地からの報告

日時:2022年12月3日 14:00~15:15
団体名:たんぽぽ舎  場所:JRお茶の水駅お茶の水橋口   参加数:7人

行動内容
愛称「女の子」ビラ・「電力は逼迫していません」約150枚配布。署名11筆。ノボリ旗2本、横断幕数枚。トラメガでアピール。「ご通行中の皆さん東京に一番近い原発をご存じですか? もし、東海第二原発が、11年前の福島第一原発事故のように事故・爆発したら、爆発から6時間で放射能が飛んできます。電力は不足していません。東海第二原発をやめさせましょう」
 
 


日時:2022年12月3日 14:00~15:15
団体名:たんぽぽ舎  場所: JRお茶の水駅聖橋口  参加数:7人

行動内容:チラシ配布(女の子のチラシ150枚)、マイクアピール、署名9筆、横断幕2種類、のぼり旗2種類、プラカード、トラメガ1台
感想
○ マイクアピールの効果
今、私たちがなぜこのような行動、訴えをおこなっているのかが、通行人に伝わる内容で、口調もとても分かりやすかった。アピールの仕方はとても重要だと痛感。
○ 曜日時:間帯について 第5波は金曜日の夕方で、通行人は多く急ぎ足でチラシが配りにくかった。土曜日の午後だと、通行人や待ち合わせの人びとが比較的ゆったりとしていて、マイクアピールに耳を傾ける人、受け取ったチラシを読む人等もいて、手応えを感じた。今後の行動も、土曜日の午後に続けた方がよいと思った。
○ 署名・カンパ 福島からの避難者が積極的に署名とカンパに協力してくださり、会話もできた。避難先の東京で脱原発運動をやっている人びとがいることがとても嬉しかったようだ。また、チラシを受け取る人の中には、自分からすすんでこられる人(50~60歳代)も結構いてやりがいがあった。「一斉行動は、同じ場所で定期的に」継続することの意義を改めて実感できた。
 


日時:2022年12月3日 14:00~15:15
団体名:たんぽぽ舎  場所:JRお茶の水駅私鉄出口  参加数:4人

行動内容:
聖橋上でアピール&チラシ配りを行いました。横断幕と幟を掲げて通行人に訴えました。チラシの受取りはイマイチでしたが、立ち止まって聞いている人や横断幕を見つめる人が複数いました。

「東京に一番近い原発、東海第二原発」「ポンコツ、おんぼろ、老朽化」「車だって43年前に製造され10年以上動いてなかった物は、修理やレストアするのにかかる費用は新車買うより高い」というアピールに明らかに反応していたと感じました。 科学的根拠はなくても、結局は原発は心配だと思っているんだなと判断できました。電力の逼迫と原発の再稼働に対しての不安はある、との理解もできました。
同じ場所での定期的な行動の波及効果はやはりあります。 政府や岸田首相の非科学的方針批判をしっかりする事で、東海第二原発の再稼働をやめさせる1つの動きになる事は間違いありません。 再稼働阻止まで一斉行動は続けましょう!

 
 


日時:2022年12月8日 11:30~12:30
団体名:再稼働阻止全国ネットワーク  場所:原子力規制庁まえ(六本木)  参加数:36人
行動内容:規制委員会抗議行動、マイクアピール、チラシまき、横断幕

 
 


日時:2022年12月8日 13:45~16:45
団体名:再稼働阻止全国ネットワーク 場所:衆議院第一議員会館  参加数:50人

行動内容:
院内ヒアリング集会、出席官庁:内閣府、経産省、原子力規制委員会
○ 事前に質問書を提出し書面での回答を求めたが質問数多岐にわたるため時間的に間に合わないとの理由で当日は口頭での回答となった。回答内容で新しい情報は何も無かった。
○ 申入書を提出した団体:「はんかく・女塾」、反原発自治体議員・市民連盟、再稼働阻止全国ネットワーク、原子力行政を問い直す宗教者の会、原発と放射能を考える唐津の会、宗教者核燃裁判原告団 東京事務所
 


日時:2022年12月8日 17:15~17:35
団体名:再稼働阻止全国ネットワーク有志  場所:首相官邸前  参加数:14人
行動内容:
同日の院内ヒアリング集会に続いて、有志による取り組み。マイクアピール、チラシまきを実施した。
 


日時:2022年12月7日 17:00~17:45
団体名:止めよう東海第二原発首都圏連絡会  場所:日本原電前  参加数:53人
行動内容:
毎月第一水曜日に開催している定例抗議行動です。マイクアピール、申し入れ書提出、チラシ配布、音楽演奏
 


日時:2022年12月7日 18:30~19:30
団体名:経産省前テント広場・たんぽぽ舎  場所:東電本店まえ  参加数:66人
行動内容:
毎月第一水曜日に開催している定例抗議です。マイクアピール、申し入れ書提出、チラシ配布、音楽演奏
 


日時:2022年11月下旬から毎週
団体名:経産省前テントひろば  場所:経産省本館前  参加数:6人 
行動内容:
脱原発経産省毎週申入れ行動、6人がそれぞれの言葉で書いた書面を経産省に郵送、マイクアピール、チラシ配布、
 


日時:2022年12月14日 12:00~13:00
団体名:原子力規制委員会毎水曜昼休み抗議行動  場所:原子力規制庁前(六本木)  参加数:7人
行動内容:
毎週水曜昼休み抗議行動、マイクアピール、チラシまき
 


日時:2022年12月11日 12:30~13:30
個人で実施  場所:南大沢駅前  参加数:1人
行動内容:
毎週日曜日駅前街宣 マイクアピール、リーフまき
 


日時:2022年12月19日 17:30~18:20
団体名:脱被ばく実現ネット  場所:首相官邸前   参加数:20人
行動内容:
首相官邸前抗議行動、現政権の政策に抗議した。


 


日時:2022年12月11日 15:00~16:00
団体名:ひろば葛飾から  場所:亀有駅南口  参加数:10人
行動内容:
原発の「原則40年」運転ルール撤廃に反対しよう 60年を超えた運転を許していいの?」と「女の子のチラシ」をセットに50セット配布。横断幕 「とめよう東海第二原発・東京に一番近い原発 危ない」 東海第二原発の潜在的危険性や、事故が現実となる可能性が高いことをアピール。事故が起きれば3.11を越える壊滅的核災害を被るこうむにもかかわらず、予想される事態を全く無視し、危険性を拡大させる方向への政策転換と、戦争の脅威をあおる岸田政権のやりかたに反対を訴えた。
○ 行動特色と次回に向けて
「ひろば葛飾から」は、3・11福島原発事故は今の問題であり、毎月11日に「とめよう東海第二原発」を呼びかけるスタンディングをしています。12月11日は日曜日でしたので、買い物やお出かけの家族連れが多かった。こうした平和な日常をこそ壊すのが原発であり、防衛=軍拡である危険な戦争政治でもあり、それに電力料金の値上げや軍拡増税が公然化され、私たちの暮らしが底なしに疲弊していく現実を訴えました。少しでもそうした現実に目覚めてもらいたいと呼びかけを練っていきたい。
 


日時:2022年12月3日 13:00~
団体名:スペース21  場所:巣鴨駅頭   参加数:7人
行動内容:アピール、チラシまき
 


日時:2022年12月11日 13:00~14:00
団体名:放射能汚染水放出に反対する北区の会・たんぽぽ舎  場所:JR王子駅前  参加数:8人
行動内容:
チラシ90枚配布(3種類:女の子チラシ、電力逼迫問題、汚染水問題)、署名:10筆
7名でリレートーク 「東京に一番近い東海第二原発・老朽原発の危険性」「岸田政権の原発政策の大転換問題」「放射能汚染水の放出問題」「自民党の改憲の狙い」「北区議会区議全員への公開質問状の結果報告(原発、憲法)」等について訴えた。
横断幕2種類、プラカード、ポスター、小型マイク1台
〈感想〉
○ 「放射能汚染水放出に反対する北区の会」と「たんぽぽ舎」の共同行動として取り組んだ。参加者は原発問題、改憲問題、安保法制の問題等様々な社会問題に取り組んでいる人たちが多く、トーク内容も多岐にわたっている。このことは、多様な問題意識や考え方を持っていると思われる通行人に向けて、いろいろな角度から訴えることができるという点で、メリットがあるのではないかと思う。 ○ チラシの受取りは多くはないが、毎月行っているスタンディングとともに、市民に少しずつ浸透できればいいと思う。 ○ 次回は、シール投票など市民が参加できる取り組みや、音楽も取り入れると行動の幅が広がるのではないかと考えている。
 


日時:2022年12月4日 11:00~12:00
団体名:さよなら原発品川アクション  場所:大井町駅前  参加数:9人
行動内容:マイクアピール、署名、チラシまき
 


日時:2022年12月3日 15:00~16:00
団体名:NAZEN杉並  場所:JR阿佐ヶ谷駅南口  参加数:10人
行動内容:
○ 署名集め:「東海第二 工事するな」16筆 「汚染水海に捨てるな」21筆
○ 配布ビラ80セット配布(「NAZEN東京独自ビラ」 「古くて危険な東海第二原発はいらない」) ○ マイクアビール:岸田の原発政策の転換、大軍拡戦争への踏み込み問題 汚染水海洋投棄するな 福島の健康被害等  ●カンパ箱(保養カンパ)用意しました すっと寄って来て、黙って箱に入れてくれる方がありました 感動! ○ 反応 署名「老朽原発ということ知ってますか」 実家が宮城なので汚染水心配 高齢の方と、戦争問題で話になる場面が多かった ○ 一斉行動で初めてアピールする仲間が、原稿を作って来て素晴らしいアピールをしてくれました。東海原発。政策転換。汚染水。大軍拡。と大変勉強されていて脱帽です。頑張ろう!

 
 


日時:2022年12月2日 18:00~19:30
団体名:原発をとめよう新橋アクション  場所:新橋駅前  参加数:7人
行動内容:
スタンディングとアピール、署名(一筆)、チラシまき
横断幕は、「東海第二、柏崎刈羽原発は廃炉!」「放射能汚染水を海に流すな!」

怒り、息吹を感じる街宣となりました。なんと、この行動に自主的に参加してくれる人がいたのです。よく見かける人ではありましたが。その人は、首都圏連絡会がこの行動の全体のスケジュールを配信されているのですが、それを見て「新橋は近いから」と参加してくれたということでした。今回は机を出して署名用紙を置いていたら、駆け寄って書いてくれる人も現れました。
そして、今回何より良かったのは、アピールする人が増えてきたことです。一人一人の訴えにも「僕は、高校生まで茨城県に住んでいて、JCO事故を経験し、東海第二原発再稼働は他人ごとではない」とか、311甲状腺がん子ども裁判の原告の意見陳述の紹介とか、「原発政策大転換」の中身のひどさなど、怒りが込められていました。

 
 


日時:2022年12月7日 14:00~15:00
団体名:福島事故緊急会議  場所:JRお茶の水駅聖橋口  参加数:5人
行動内容:マイクアピール、ビラまき、横断幕
 


日時:2022年12月4日 11:00~12:00
団体名:さようなら原発1000万人アクション  場所:JR亀戸駅北口   参加数:9人
行動内容:愛称「女の子」ビラ(「電力は逼迫していません」はさみこみ)約50枚配布。署名9筆。リレートーク。


 


日時:2022年12月10日 13:00~14:00
場所:中野駅北口  参加数:6人   行動内容:ビラまき
 


日時:2022年12月22日 13:20~14:10
団体名:再稼働阻止全国ネットワーク  場所:首相官邸前  参加数:16人
行動内容:GX実行会議に対する抗議行動、マイクアピール
 


日時:2022年12月22日 15:00~16:00
団体名:安倍・菅・岸田政治を許さない市民  場所:首相官邸前  参加数:14人
行動内容:GX実行会議に対する抗議行動、マイクアピール
 


日時:2022年12月11日 14:00~15:30
団体名:脱原発かわさき市民  場所:登戸駅連絡通路  参加数:15人
行動内容:
原発政策の大転換を許すな! 東海第二原発いらない!動かすな!(第6波の行動)の一環で実施。署名「原発運転期間原則40年削除方針の撤回を」33筆、「東海第二原発の再稼働工事をやめて下さい!」15筆。
年末でもあり、また「敵基地攻撃能力保有問題」などでも忙しいこのごろ、みなさん集っていただけるか心配でもありましたが、何と15人もの方々に参加していただきました。町田からも応援もいただき、ありがとうございました。署名とマイクリレー、「脱原発かわさき市民通信 第130号」を配りました。
首都圏の40年越えの老朽原発・東海第二原発、こんな危険な原発をこの全国で一番の人口密集地帯で動かしてはなりません! それも地震の多発地帯の茨城県で。もっと、もっと大きな声をあげていきましょう! 「フクシマ」を完全に忘れたこんな政策を絶対にとめていきましょう。もっともっと、いろいろな地域でも「脱原発一斉行動」が連携してやっていければ!と思いました。

 
 
 
 


日時:2022年12月3日 10:00~11:30  場所:相模大野駅頭  参加数:8人
行動内容:
「東海第二原発はいらない首都圏ネットワーク」の呼びかけに呼応し、横断幕、マイクアピール、チラシ撒きを実施。
チラシは2種類、106枚セットで配りました。近くの女子高校生がたくさん通りましたが、全くチラシを受け取ってくれないのにはかなり落胆! でも再稼働はなんとしても止めるよう、粘り強く頑張りましょう。
基地と原発に反対して17年、キャンプ座間の米陸軍第一軍団司令部反対、自衛隊と米軍との一体化による基地機能の強化に反対し、頑張っている「バスストップから基地ストップの会」のメンバーたちが、この「東海第二原発はいらない」の行動に参加しています。

原発政策の大転換を許すな!全国統一行動 各地からの報告

日時:2022年12月9日 17:30~18:30
団体名:さよなら原発!佐賀連絡会  場所:佐賀県庁前
行動内容:
佐賀県庁前毎週金曜日行動。引き続き、佐賀県内のそれぞれの団体で声明や行政や九電への要請質問等を行っていこうということになりました。
脱原発佐賀ネットは、玄海原発対策住民会議、さよなら原発!佐賀連絡会、玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会、さようなら原発1000万人アクション佐賀県実行委員会、佐賀県原発問題対策協議会、原発を考える鳥栖の会、原発なくそう!九州玄海訴訟原告団・弁護団、玄海原発反対!からつ事務所、玄海原発の廃炉問題を考える会などによる共同ネットワークです。

 


日時:2022年12月11日 12:00~12:45
団体名:玄海原発対策住民会議、玄海原発反対!からつ事務所、戦争と原発のない社会をめざす福岡市民の会
場所:唐津市大手口
行動内容:唐津市大手口毎月11日行動


 


日時:2022年12月9日 7:30~8:30
団体名:玄海原発反対!からつ事務所  場所:唐津市役所前、佐賀県オフサイトセンター前
行動内容:月曜から金曜毎朝行動


 


日時:2022年12月22日 11:00~
団体名:玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会  場所:佐賀県庁
行動内容:佐賀県知事に要請質問書を提出後、話し合いを実施
 


日時:2022年12月22日 16:45~
団体名:原発と放射能を考える唐津の会、玄海原発対策住民会議
場所:玄海原子力規制事務所
行動内容:要請質問書提出。回答と話し合いを要請
 

原発政策の大転換を許すな!全国統一行動 各地からの報告


日時:2022年12月3日 18:15~20:30
団体名:若狭の原発を考える会  場所:京都市内 会議室  参加数:50人
行動内容:
老朽原発を考える講演会 テーマ「43年超えの老朽かつ被災原発―東海第二から」「川内原発20年延長阻止」
 


日時:2022年12月4日 13:00~16:30
団体名:老朽原発うごかすな!実行委員会  場所:関電本店前(集会)、うつぼ公園~なんば(デモ)  参加数:900人
実行委ブログ [リンク

行動内容:
900人が怒りの「老朽原発うごかすな!関電包囲全国集会」、御堂筋デモ。関電本店周囲は「老朽原発うごかすな!」の怒りと熱気にあふれていた。
集会は、シュプレッヒコールから始まった。原発立地地の住民からのアピール。集会決議、緊急アピールを採択。うつぼ公園から御堂筋を経て難波までデモ。市民・通行人に「原発全廃」を訴えた。ARDドイツテレビの取材あり。
 


日時:2022年12月16日
団体名:関西・福井の反原発を闘う有志  場所:大飯原発ゲート前  参加数:20人
行動内容:
12月16日、定期点検中だった大飯原発3号機が再稼働するというので、関西・福井の市民がおおい町大島(原発立地地元)に結集して、原発ゲート前までデモ行進をして「大飯3号うごかすな!」を訴えた。ゲート前でマイクリレー、抗議アピール。緊急の呼びかけで、また、冷たいみぞれ交じりの雨の中20名と少数でしたが、原発が再稼働することに抗議する意思を示しました。
 
 

原発政策の大転換を許すな!全国統一行動 各地からの報告
 


日時:2022年12月9日 16:00~17:00
団体名:原発いらない金曜日in郡山  場所:JR郡山駅前
行動内容:アピール、バナープラカード

 
 


日時:2022年12月16日 12:00~13:00
団体名:福島県庁前金曜行動  場所:福島県庁前  参加数:5人
行動内容:
12月16日、福島県庁前金曜行動5人で行いました。
12時から13時の昼休み時間帯に県庁の前で内堀知事と県庁職員の皆さんに原発汚染水海洋放出は認めるな! 復興財源を軍事費に持っていくなど言語道断!と昼の1時間訴えました


 


日時:2022年12月16日 18:00~18:45
団体名:福島県庁前金曜行動  場所:福島駅東口  参加数:5人
行動内容:夜のふくしま金曜行動は福島駅東口において、18時から18時45分、風が強く吹いて寒い中ですが、行き交う人にチラシとアピールを行いました。
 


日時:2022年12月9日 12:00~13:00
団体名:福島県庁前金曜行動  場所:福島県庁前  参加数:6人
行動内容:
今日の福島県庁前金曜行動は6人で行いました。子どもたちや孫たちの命と健康を守ることが福島県の責務です!内堀知事は原発汚染水の海洋放出を認めるな!と県庁のみなさんに元気に訴えました。

原発政策の大転換を許すな!全国統一行動 各地からの報告
 


日時:2022年12月16日 15:30~16:30
団体名:なし(茨城県)  場所:牛久駅東口  参加数:20人
行動内容:マイクアピール、チラシまき
 


日時:2022年12月16日 18:00~19:00
団体名:なし(埼玉県)  場所:越谷駅東口広場  参加数:30人
行動内容:集会後デモ行進
 


日時:2022年12月11日(日)12時から13時
団体名  忘れまい3・11!反戦・反原発の会/千葉  場所:東電千葉支社前  参加者数 6名
行動内容:
毎月11日に東電千葉支社前でチラシをまき、全原発廃炉、核廃絶を訴えています。
12月11日の行動は、「東海第二原発動かすな!全国一斉行動第6波」を兼ねた行動ですが、再稼働阻止ネットの呼びかけを受け、「岸田内閣の原発政策大転換を許すな!」も掲げて行いました。

「岸田による原発再稼働・延長・新増設を許すな、東海第二原発は廃炉へ」の見出しを大書したビをまき、東海第二の再稼働反対、廃炉を訴える横断幕・ボードに加えて、岸田の原発再稼働・新増設言反対.40年ルール撤廃反対のボードを出し、そして当日東京新聞に掲載された「意義あり!原子政策」の意見広告も掲げ訴えました。写真を添付します。


 


日時:2022年12月2日  個人活動  参加数:1人
行動内容:
原子力規制委員長 山中氏あてに「お願い」(書面)を郵送。
主な内容
*原子力規制委員会ではなく、原子力推進委員会であるとささやかれた時期があったこと *山中委員長自身が原子炉等規制法43条の3の32(運転の期間等)の改悪に前のめりになっている事 *運転期間40年についての規制委員会の解釈が間違っていることなどを指摘。
*今回の運転期間40年についての規制委員会の見解が間違っているので撤回すること。
*今後は、規制委員会設置法の目的と衆議院付帯決議の第一項に基づき、国民の命を最優先した取り組みの実施。

 

(青森からリポートをいただきました)

第540回あおもり金曜日行動

日時 2022年12月9日 17:45~18:15
場所 青森駅前公園
主催 あおもり金曜日行動実行委員会

実施内容:6人全員が「原発政策の大転換を許さないぞ!」のプラカードを持ちコール、1人が演説。

 

———-

核燃料廃棄物搬入阻止実行委員会 定期街宣

日時 2022年12月11日 11:00~12:00
場所 青森市新町 さくらの百貨店前
主催 核燃料廃棄物搬入阻止実行委員会

実施内容:5人がプラカードを持ち、チラシ配布。1人が演説。

(伊方方面からリポートをいただきました)

◆12月8日、規制委員会伊方事務所への要請行動を行いました。
伊方から原発をなくす会メンバー6名で伊方原子力規制事務所に行き、規制委員長と所長宛の要望書と、委員長宛の公開質問状を池田耕之所長に手渡しした。
約一時間ほど所長と対策課-中谷さんと質疑応答を行ったが、運転延長の件も検査証不携帯での検査の件も、「答える立場にない」と回答を避けられたので、「規制委員会は政権に迎合せず、独立機関として規制してほしい」
「福島原発震災の反省を基につくられた組織を稼働のアリバイにしないでほしい」等を口頭でも要望しました。
委員長から回答がきましたら、改めて報告させていただきます。

 公開質問状[PDF] 要請文[PDF]

◆12月11日に行った伊方原発ゲート前での行動は、約20名(愛媛各地、高知、香川、広島、大分)の参加で行いました。
原発以外に、大分から「日出生台演習場での米軍演習について」の報告があり、広島からは来年行われるG7についての今後の闘いについての報告も行われました。

原発回帰は絶対に許さない! このことを四国電力伊方発電所で働く人たちに訴えて行動を終えました。

 

「原発政策大転換と老朽原発運転期間延長」について12月8日院内集会を開き、内閣府・経産省・文科省・原子力規制委員会に対するヒアリングを行いました。「事前質問」の形をとっていたにもかかわらず、各省庁から事前回答はゼロ。正式回答は後日メールで受領することを確認しました。取り急ぎ当日のヒアリング結果の速報です。

院内ヒアリング集会(原発政策の大転換を許すな! 東京集中行動)

日時 2022年12月8日(木) 13:45~16:45
場所 衆議院第一議員会館 多目的ホール
紹介議員 衆議院 大河原雅子議員
主催 再稼働阻止全国ネットワーク

質問者  木原、山崎、木村ほか
回答省庁 内閣府3名、文科省2名、経産省(エネ庁)9名、原子力規制庁9名

進行(予定)
14:00~ ヒアリングⅠ ”大転換”とその後の検討状況について
15:00~ 申入書提出 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
15:05~ ヒアリングⅡ 老朽原発のさらなる運転延長について

当日の映像(撮影協力 UPLAN様)【院内ヒアリング集会】原発政策の大転換を許すな!
 

——————–
質問事項【ヒアリングⅠ】 “大転換”とその後の検討状況について
——————–

A 第6次エネルギー基本計画とのくい違い
A-1「可能な限り原発依存度を低減する」はずでは?
A-2「事故後10年の歩み」不退転の決意とは?
A-3「政策対応のポイント」福島事故への真摯な反省?

B 本年の新たな状況の変化
B-1 ウクライナ戦争が原子力発電所について明らかにしたこと
B-2 GX実行会議における原子力の記載 「危機克服」と「GX推進」

C 経産省の検討状況
C-1 4つの施策の概要ほか

——————–
質問事項【ヒアリングⅡ】老朽原発運転期間延長について
——————–

D 老朽原発運転期間延長
D-1 炉規法の規程と現状
D-2 資源エネルギー庁と原子力規制委員会の役割
D-3 トラブル続きの若狭の老朽原発
D-4 運転期間延長を認めようとする根拠
D-5 老朽化評価の今までと今後
D-6 海外の老朽原発の稼働と認可の実績
D-7 企業倫理と責任感が欠如した電力会社
D-8 総ての原発を廃炉に

——————–
ヒアリング結果 概要 (正式回答は後日)
——————–
【ヒアリングⅠ】 大転換とその後の検討状況

A 第6次エネルギー基本計画
 同計画に記載された「可能な限り原発依存度を低減する」とその背景を示す「事故後10年の歩み」を確認、2021年10月の閣議決定後のこの一年間に大きな変化が無かったことを確認。
 「新規制基準」が「世界で最も厳しい水準」との回答に、本当は全くそうでは無いことを指摘。

B 原発にまつわる新たな状況の変化
 ウクライナ戦争(2022年2月~)により、原子力発電所が核兵器になりうる危険があること、使用済み核燃料管理の問題がより明確になったことを確認。
 GX実行会議の議論「エネルギー政策の遅滞」、「足元の危機」、「国富の流出」「エネルギー政策の遅滞」を確認し、私たちから「エネルギー政策の遅滞」は経産省の3.11事故後の原発推進政策ゆえの再生可能エネルギーや蓄電技術などへの取組遅れに原因があり、東電福島第一原発事故でより莫大な「国富の流出」をし、今後の再稼動促進で再び「国富の流出」が起こることを危惧。

C 経産省の検討状況
 基本政策分科会や原子力小委員会などでの検討状況を確認。この日午前中開催の原子力小委員会(※)についての言及は無かった。
 ※第35回 原子力小委員会 Link 主な議題:今後の原子力政策の方向性と実現に向けた行動指針)
 

【ヒアリングⅡ】老朽原発のさらなる運転期間延長について (後半部分は時間切れで十分な質疑はできず)

質問D-1 炉規法の規定と現状
 原子炉等規制法(炉規法)が原子力規制委員会の所管法令であることを認め。にも拘らず、原子力規制委員会が同法の改訂を推進側に任せる矛盾を確認。
質問D-2 資源エネルギー庁と原子力規制委員会の役割
 震災前の旧体制で原子力推進(利用)体制に規制機関(原子力安全:保安院)が取り込まれていた反省から分離された原子力規制委員会が今も「規制の虜」となっていることを指摘。
 核物質防護違反の東電、データ改竄をした日本原電など、事業者の「安全文化」の欠如に原子力規制委員会が甘すぎることを指摘。
質問D-3 トラブル続きの若狭の原発
 初代の原子力規制委員長田中俊一氏の頃から原子力発電の研究をしてきた木原壯林さんが若狭の原発のトラブル頻発状況を説明し質問、原子力規制庁担当が納得できる回答をできなかった。原子力規制庁の若い担当者の奮起を期待する。
質問D-4 運転期間延長を認めようとする根拠
 3.11後の与野党合意による炉規法改正の主旨から運転期間延長への法令改訂は許されない、事業者の利益のために国民のリスクを高めるとの指摘に、パブリックコメントをすると回答。
質問D-5 老朽化評価の今までと今後
 老朽炉の設計の古さ、美浜3号の2004年死傷事故、運転経験者の不足、脆性遷移温度の上昇、蒸気発生器の配管損傷多発と大量細管損傷への危惧を指摘。
質問D-6 海外の老朽原発の稼働と認可の実績
 世界の原発稼働最長は53年で、運転開始後45年を超える高浜1・2、美浜3、東海第二の稼働が非常に危険であることを指摘。
質問D-7 企業倫理と責任感が欠如した電力会社
東電旧経営陣や関電経営陣の企業倫理と責任感欠如を指摘。
質問D-8 総ての原発を廃炉に
 プルサーマル発電が非常に危険であることを指摘