Category Archives: レポート、アクション、ほか

原子力規制委員会は12月20日の定例会見で、東電・柏崎刈羽原発における核物質防護違反などによる運転禁止命令の解除方針を決め、週明け27日、事実上の「運転禁止解除」を実施することが発表されました。この発表・報道をうけ、再稼働阻止全国ネットワーク事務局から全国のみなさんへ、原子力規制委に対する抗議申入れ行動を呼びかけます。
年の瀬迫った時期ですがどうぞご協力をお願いいたします。

・反原発自治体議員・市民連盟による規制庁規制委あて要請書(12月25日提出予定)
抗議申入れ 文案(原子力規制委 毎水曜昼休み抗議行動)

 
原子力規制委員会 ホームページ「原子力規制委員会への御意見・御質問」で直接入力・送信することもできます。
入力フォーム https://www.nra.go.jp/cgi-bin/contact/
メールで送る場合 メールアドレス hp-info@nra.go.jp

——————–
関連情報
第52回原子力規制委員会(12/13開催)
https://www.nra.go.jp/disclosure/committee/kisei/010000877.html
 議題1 原子力規制委員会と東京電力ホールディングス株式会社経営層による意見交換

第54回 原子力規制委員会(12/20開催)
https://www.nra.go.jp/disclosure/committee/kisei/010000879.html
 議題5 東京電力ホールディングス株式会社柏崎刈羽原子力発電所の現地調査の結

12/20 原子力規制委 委員長定例会見
https://www.youtube.com/live/mWTgZkuSfBo?si=hYiaq1iMMAU-NOAg

——————–
関連報道
NST新潟総合テレビ 12/11(月)
年内に“運転禁止”解除可否判断も…規制委が柏崎刈羽原発を現地調査
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/nsttv/region/nsttv-19157

新潟日報 2023/12/20
新潟・柏崎刈羽原発の「運転禁止命令」解除が決定
https://www.niigata-nippo.co.jp/articles/-/330622

毎日新聞 社説 2023/12/21
柏崎刈羽の禁止解除へ 再稼働への不安は拭えぬ
https://mainichi.jp/articles/20231221/ddm/005/070/084000c

毎日新聞 2023/12/20
柏崎刈羽原発の是正措置解除へ 再稼働手続き、2年8カ月ぶりに再開
https://mainichi.jp/articles/20231220/k00/00m/040/066000c

——————–

 
 
12・3「とめよう!原発依存社会への暴走 1万人集会」参加報告
          再稼働阻止全国ネットワーク H.A.

少しひんやりとした冬空の下、1600人以上の人々が熱い思いで参集しました。
中嶌哲演さんが主催者挨拶をされ、「今の原発の末期的な状況を作り出したのは原子力ムラである。かつて原発建設を止めた小浜市民のひとりだからこそ私は言う。原発を廃炉に!原発のない社会を目指しましょう!」と語られた。
続いて龍谷大学教授の大島堅一さんからは「原子力回帰は許されない」というタイトルで、前日日本が賛同したCOP28での米国の宣言、2050年までに原発エネルギー容量を3倍にするということへの懸念、原発による経済的利益は全く無く、国民の負担が増すだけであることなどのお話があった。

全国の原発立地や市民運動の現場からも沢山の報告があった。来年誘致40年を迎える青森、「再処理核燃サイクルに今こそとどめを刺そう!」と話された「核燃料廃棄物搬入実行委員会」の中道雅史さん始め、柏崎刈羽、福島原発事故被害者、とめよう!東海第二原発 首都圏連絡会、福井、愛知・岐阜、伊方、上関、川内などから発言があった。また、関西の市民団体や労働組合からのスピーチもあり、どのお話も現地ならではの状況が伝わる内容だった。

「オール福井反原発連絡会」の宮下正一さんの報告、使用済み核燃料の乾式貯蔵について、福井県を原発の墓場にするな!という声、また、「伊方から原発をなくす会」の近藤享子さんのお話で、過酷事故時は原発から5~30キロ圏内は屋内退避と言われているが、津波が来たら予想は10メートル以上ともいわれ、とても助からない。避難もできないのに命をないがしろにされている。なのに、四国電力は家庭訪問をして原発や放射能の安全性を説いて回っている」などと語られていたのが特に心に残りました。

集会プログラムにはさらに多くの各地からの連帯メッセージが載せられていて、岸田政権の原発推進を何としても阻もうという市民活動の熱意、それを集結して原発のない社会へと変えようという実行委員会の不屈の意思を感じました。

デモは4グループに分かれて行進。日曜の夕暮れ迫る大阪の大通りを行きます。野球の阪神優勝時に歓喜の飛び込みで有名な道頓堀。今日も大勢の若者たちで賑わっていて、その中には橋の上からじっとこちらを見ている人たちの姿も少なからずあった。 シュプレヒコールを聴き、幟旗の文字を読んでいる若い人も。「声をあげよう!行動しよう!」伝わったかな。

ある報告によると日米韓の政権支持率は20?30%ともいわれているが、不信感とイライラがいつかこの世の中を変えるエネルギーになってくれるといい、そんなことを思いながら幟を担ぎ歩いていました。

隣を歩かれていた関西の女性は、知人に長いこと反原発の活動をされている人がいて、その方の運動を始めた動機が、原発で働いていた弟さんをガンで20代で亡くされたことだそうだ。ため息をつきながら、またどこかでお会いしましょうとデモ隊を離れて行かれた。

「使用済み核燃料の行き場はないぞ!」横断幕を掲げて先頭に立たれた僧衣の哲演さんも1時間半の行程を解散場所まで歩かれた。
久しぶりに会えた各地の人々の笑顔が嬉しかった。この人のつながりこそが希望。暗闇の中で意味を持つ灯り、そんなものが感じられた一日でした。

実行委員会の皆さま、ご参加の皆さま、お疲れ様でした。

———-
(実行委員会発信)

老朽原発うごかすな!ニュース113号(PDFダウンロード
老朽原発うごかすな!ニュース114号(PDFダウンロード

 

川内原発20年延長を問う県民投票の会」による署名活動の結果、法定数(県内有権者数の50分の1)の1.7倍に当たる4万6112筆が有効署名として認められ、来る10月4日に直接請求することが決まりました。

 条例<案>(2023/5/17)

【経緯】

九州電力は運転開始から40年が経過する川内原発1、2号機の20年延長を規制庁へ申請しましたが、老朽化した川内原発をさらに使い続けるのか、寿命の40年で停止するのかを決めるための県民投票を実現させるため、23年4月に設立された県民投票の会。

精力的な署名活動により、法定数(県内有権者の50分の1に当たる2万6475人)を大幅に上回る署名が集まり、来る10月4日、鹿児島県知事に対し条例制定を請求することが決まりました。

【県民投票への流れ】
1、署名収集者を増やす
 (請求代表者から委任された「署名収集者」による署名集めが必要)
2、署名をあつめる
 (60日間で、有権者の50分の1(約2万7000筆)超の署名が必要)
3、直接請求
 (法定数を超える署名を県知事に提出)
 (知事は、意見をつけて、条例案を県議会に提案しなければならない)
4、条例制定
 (県議会で可決されれば、条例制定)
5、県民投票

 
——————–
関連報道

南日本新聞 2023/9/26
【川内原発運転延長問題】県民投票条例制定を10月4日に知事に請求 市民団体が発表、有効署名は4万6112筆で確定
https://373news.com/_news/storyid/182411/
南日本新聞 2023/8/7
【川内原発運転延長問題】県民投票求め、必要数上回る5万290人分の署名提出 市民団体「県民の支持受けた」
https://373news.com/_news/storyid/179813/
 
 

<緊急声明>「放射能汚染水」海洋放出を即時断念せよ!
(老朽原発うごかすな!実行委員会 より)

ブログ

 

「原発政策の大転換を許すな!全国一斉行動」取り組み報告書

再稼働阻止全国ネットワーク事務局

【取り組みの経緯】
岸田政権は、原発政策の大転換の実現に向け2022年5月頃より着々と準備を進めました。福島第一原発の大事故の反省の上に生まれた原子力政策と、今まで政府が国民に約束してきた内容を、根本的にふみにじるものであり、到底容認できるものではありません。このままでは、2011年と同様の原発過酷事故がまた発生し、人の住めない国になってしまう危険性があります。

「原発政策の大転換を許すな!全国一斉行動」の実施状況
 リスト 行動期間:2023年02月20日~03月31日
 

(更新)原発政策の大転換を許すな!全国一斉行動 ~青森報告

(更新)原発政策の大転換を許すな!全国一斉行動 報告(福島)

(更新)原発政策の大転換を許すな!全国統一行動 報告(東京 神奈川)

原発政策の大転換を許すな!全国統一行動 報告(茨城 埼玉 千葉)

原発政策の大転換を許すな!全国統一行動 ~静岡報告

(更新)原発政策の大転換を許すな!全国統一行動 ~佐賀・熊本報告

(更新)原発政策の大転換を許すな!全国統一行動 ~伊方・島根報告


  
2022年12月の行動

(更新)原発政策の大転換を許すな!全国一斉行動 報告まとめ-1


 

女川原発再稼働差し止め訴訟原告団ニュース12号を紹介します。
2021年に提訴してから全5回の口頭弁論を経て、今年5月24日に判決がでます。

 
——————–
関連情報(メディア)

河北新報 2021年11月9日 女川原発2号機再稼働差し止め訴訟 東北電、棄却求める
https://kahoku.news/articles/20211109khn000007.html
河北新報 2022年9月22日 女川原発差し止め訴訟 原告側「検査場所開設は不可能」 避難計画不備を再度訴え
https://kahoku.news/articles/20220922khn000015.html
東日本放送 2022/11/28 女川原発2号機再稼働差し止め訴訟が結審 判決は2023年5月
https://www.khb-tv.co.jp/news/14779428
河北新報 2022年11月29日 女川原発差し止め訴訟 地裁結審、来年5月判決
https://kahoku.news/articles/20221129khn000017.html
毎日新聞 2022/12/4 「原発稼働させぬ世論形成を」 宮城・女川原発地元で元裁判長講演
https://mainichi.jp/articles/20221204/k00/00m/040/151000c
河北新報 2022年4月7日 女川再稼働「反対」56% 安全性「不安」15ポイント減 世論調査
https://kahoku.news/articles/20220406khn000047.html

 
関連情報(地域活動紹介)

イベント(2023年5月26日 あいコープみやぎ)
 映画上映会「原発をとめた裁判長 そして原発をとめる農家たち」[LINK]
イベント(2023年4月24日 あいコープみやぎ) さようなら原発宮城県民集会[LINK]
イベント(2022年2月24日 あいコープみやぎ) 知っていますか?宮城の原子力災害避難計画開催[LINK]

 

老朽原発うごかすな!実行委員会より

老朽原発うごかすな!ニュース96号 PDF

実行委ブログ

4・29「老朽原発うごかすな!高浜全国集会」のご案内


 

原発政策の大転換を許すな!全国一斉行動 各地からの報告
 


日時:2023年3月15日、3月25日、3月27日  団体名等:個人 
行動内容:山中委員長と片山長官の辞任を求める申し入れ(2回)
最高裁判所 戸倉三郎長官に対する要請文を郵送、茨城県知事・6市村首長(東海村長、水戸市長、ひたちなか市長、日立市長、常陸太田市長、那珂市長)に手紙を郵送(東海第二運転延長をとめてもらいたい)
 


日時:2023年3月11日 14:00~15:00
団体名:原発止めよう!東葛の会  場所:流山市おおたかの森自由通路
行動内容:横断幕・のぼり旗、「茨城県にある東海第二原発を動かさないで」と「放射能から子どもたちを守る会・野田」を一緒にしたカラーチラシ、「東電・東葛支社前アクション通信」の号外
 


日時:2023年3月11日 12:00~13:00
団体名:忘れまい3・11!反戦・反原発の会/千葉  場所:東電千葉支社前  参加数:9名
行動内容:福島原発事故後から継続している毎月11日の「11行動」、「東海第二原発動かさないで!全国一斉行動第7波」、「福島を忘れない!原発政策の大転換を許すな!全国一斉行動」。
 


日時:2023年3月11日 10:30~11:30
団体名:東海第二原発いらない首都圏ネットワーク@龍ケ崎
場所:龍ケ崎市のショッピングセンター「サプラ」入口前  参加数:5人
行動内容:マイク街宣+チラシ配布。東海第二原発いらない首都圏ネットワークの行動とあわせて、「福島を忘れない!原発政策の大転換を許すな!全国一斉行動」
 


日時:2023年3月10日 18:00~19:30
団体名:群馬合同労組(高崎金曜行動)
場所:高崎駅西口ペデストリアンデッキ  参加数:13人
行動内容:マイクでアピールしながらビラを配布。高崎金曜日行動と、東海第二再稼働反対もアピール。「原発とめよう群馬 原発事故・現状だより」679号で東海第二原発反対特集したものを配布。
 


日時:2023年3月4日 14:00~
団体名:さようなら原発越谷連絡会
場所:越谷駅東口広場~越谷市役所  参加数:140人
行動内容:集会とデモ行進
 


日時:2023年3月9日 15:30~16:30
団体名:戦争をさせない1000人委員会・鎌ヶ谷 9条の会鎌ヶ谷・この指とまれ
場所:新鎌ヶ谷駅前ロータリー  参加数:15人
行動内容:安保3文書反対、原発再稼働推進・新規原発建設・60年延長の緩和化を批判。東海第二原発での非常電源停止問題を取り上げ再稼働反対を訴えた。リレートーク、チラシ150枚ほど配布。
 


日時:2023年3月4日 14:00~15:00
団体名:「さようなら原発」あびこ  場所:我孫子駅南口、北口 参加数:24人
行動内容:3名でスピーチ、横断幕2枚(首都圏ネット)・のぼり他。配布チラシ:我孫子独自チラシ400枚他。原発政策の大転換に市民もおかしい!と思っていることが肌で感じられた。
前回質問が多かったことから、チラシにQ&Aをつけた。「だって、電気が足りないのなら原発は仕方がないでしょ」「電気代が高くなっているのだから原発は嫌だけどしょうがない」について少し説明が必要。
 


日時:2023年3月4日 13:30~15:00
団体名:東日本大震災被災者支援千葉西部ネット ピースサイクル千葉
場所:松戸駅東口 参加数:12人
行動内容:『東海第二原発いらない』の一斉行動と一緒に、『福島を忘れない!原発政策大転換を許さない!』の一斉行動
 


日時:2023年3月4日
団体名:原発止めよう!東葛の会  場所:東電東葛支社前  参加数:16人
行動内容:東葛地域の団体による共同行動で、東京電力HDに対して「日本原電に資金援助をするな。むしろ、福島県の被害者への補償に充てよ」という「要請書」を提出。
 


日時:2023年3月4日 11:00~
団体名:原発なくせ千葉アクション  場所:千葉駅東口ビッグカメラ前  参加数:10人
行動内容:汚染水反対集会のビラを一緒に配布。署名9筆。
 
 


日時:2022年12月16日 15:30~16:30
団体名:なし(茨城県)  場所:牛久駅東口  参加数:20人
行動内容:マイクアピール、チラシまき
 


日時:2022年12月16日 18:00~19:00
団体名:なし(埼玉県)  場所:越谷駅東口広場  参加数:30人
行動内容:集会後デモ行進
 


日時:2022年12月11日(日)12時から13時
団体名  忘れまい3・11!反戦・反原発の会/千葉  場所:東電千葉支社前  参加者数 6名
行動内容:
毎月11日に東電千葉支社前でチラシをまき、全原発廃炉、核廃絶を訴えています。
12月11日の行動は、「東海第二原発動かすな!全国一斉行動第6波」を兼ねた行動ですが、再稼働阻止ネットの呼びかけを受け、「岸田内閣の原発政策大転換を許すな!」も掲げて行いました。

「岸田による原発再稼働・延長・新増設を許すな、東海第二原発は廃炉へ」の見出しを大書したビをまき、東海第二の再稼働反対、廃炉を訴える横断幕・ボードに加えて、岸田の原発再稼働・新増設言反対.40年ルール撤廃反対のボードを出し、そして当日東京新聞に掲載された「意義あり!原子政策」の意見広告も掲げ訴えました。写真を添付します。


 


日時:2022年12月2日  個人活動  参加数:1人
行動内容:
原子力規制委員長 山中氏あてに「お願い」(書面)を郵送。
主な内容
*原子力規制委員会ではなく、原子力推進委員会であるとささやかれた時期があったこと *山中委員長自身が原子炉等規制法43条の3の32(運転の期間等)の改悪に前のめりになっている事 *運転期間40年についての規制委員会の解釈が間違っていることなどを指摘。
*今回の運転期間40年についての規制委員会の見解が間違っているので撤回すること。
*今後は、規制委員会設置法の目的と衆議院付帯決議の第一項に基づき、国民の命を最優先した取り組みの実施。

 

原発政策の大転換を許すな!全国一斉行動 各地からの報告

日時:2023年3月18日 13:00~14:00
団体名:NAZEN熊本  場所:熊本市内中心街  参加数:11人
行動内容:街宣 ボードを掲げながら、放射能汚染水の海洋放出反対のビラまきと署名取りを中心に行った。「軍拡より生活を」を訴える団体の人も参加して戦争反対のボードを掲げてその団体の署名取りも一緒に行った。
 


日時:2023年3月11日 14:00~15:00
団体名:プルサーマル裁判の会  場所:佐賀市玉屋前  参加数:10人
行動内容:街頭アピール
 


日時:2023年3月11日 14:00~15:00
団体名:玄海原発反対からつ事務所  場所:唐津市役所前  参加数:8人
行動内容:市役所前アピール行動
 


日時:2023年3月11日 12:00~12:45
団体名:さよなら原発佐賀連絡会  場所:佐賀県庁前  参加数:20人
行動内容:佐賀県庁前アピール行動
 


日時:2023年3月11日 12:00~12:45
団体名:唐津市民の会、玄海原発対策住民会議、玄海原発反対からつ事務所協力
場所:唐津市大手口  参加数:15人
行動内容:街頭アピール
 


日時:2022年12月22日 16:45~
団体名:原発と放射能を考える唐津の会、玄海原発対策住民会議
場所:玄海原子力規制事務所
行動内容:要請質問書提出。回答と話し合いを要請
 


日時:2022年12月22日 11:00~
団体名:玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会  場所:佐賀県庁
行動内容:佐賀県知事に要請質問書を提出後、話し合いを実施
 

日時:2022年12月9日 7:30~8:30
団体名:玄海原発反対!からつ事務所  場所:唐津市役所前、佐賀県オフサイトセンター前
行動内容:月曜から金曜毎朝行動


 


日時:2022年12月11日 12:00~12:45
団体名:玄海原発対策住民会議、玄海原発反対!からつ事務所、戦争と原発のない社会をめざす福岡市民の会
場所:唐津市大手口
行動内容:唐津市大手口毎月11日行動


 


日時:2022年12月9日 17:30~18:30
団体名:さよなら原発!佐賀連絡会  場所:佐賀県庁前
行動内容:
佐賀県庁前毎週金曜日行動。引き続き、佐賀県内のそれぞれの団体で声明や行政や九電への要請質問等を行っていこうということになりました。
脱原発佐賀ネットは、玄海原発対策住民会議、さよなら原発!佐賀連絡会、玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会、さようなら原発1000万人アクション佐賀県実行委員会、佐賀県原発問題対策協議会、原発を考える鳥栖の会、原発なくそう!九州玄海訴訟原告団・弁護団、玄海原発反対!からつ事務所、玄海原発の廃炉問題を考える会などによる共同ネットワークです。

 

 

原発政策の大転換を許すな!全国一斉行動 各地からの報告
  


日時:2023年3月30日
団体名等:市民有志  場所:原子力規制庁島根事務所
行動内容:原子力規制庁島根事務所へ抗議文提出。規制事務所は入口ドアを施錠し、中に入れてくれず、外で書面を手渡し。
要請文書には、原子炉等規制法の変更決定を撤回すること、島根と鳥取県内の30キロ圏内自治体と住民へ説明会をすることを求めていますが、「個別に回答する必要はない」との回答が返ってきました。参加者一同、規制庁島根事務所の対応に怒り心頭でした。
 


日時:2023年3月13日
団体名等:市民有志  場所:松江駅
行動内容:スタンディング
 


日時:2023年3月11日 
団体名等:複数団体と個人複数名  場所:伊方原発ゲート前
行動内容:定例のゲート前座り込み行動で、”大転換を許すな”を一緒にアピール


◆12月11日に行った伊方原発ゲート前での行動は、約20名(愛媛各地、高知、香川、広島、大分)の参加で行いました。
原発以外に、大分から「日出生台演習場での米軍演習について」の報告があり、広島からは来年行われるG7についての今後の闘いについての報告も行われました。

原発回帰は絶対に許さない! このことを四国電力伊方発電所で働く人たちに訴えて行動を終えました。

 
 


◆12月8日、規制委員会伊方事務所への要請行動を行いました。
伊方から原発をなくす会メンバー6名で伊方原子力規制事務所に行き、規制委員長と所長宛の要望書と、委員長宛の公開質問状を池田耕之所長に手渡しした。
約一時間ほど所長と対策課-中谷さんと質疑応答を行ったが、運転延長の件も検査証不携帯での検査の件も、「答える立場にない」と回答を避けられたので、「規制委員会は政権に迎合せず、独立機関として規制してほしい」「福島原発震災の反省を基につくられた組織を稼働のアリバイにしないでほしい」等を口頭でも要望しました。
委員長から回答がきましたら、改めて報告させていただきます。

 公開質問状[PDF] 要請文[PDF]