「老朽原発うごかすな!大集会inおおさか」に総力結集を!

日時 2020年5月17日(日)13時 開会
場所 大阪市中之島公園  PDFダウンロード

主催 「老朽原発うごかすな!大集会inおおさか」実行委員会
問合せ・連絡先 実行委員会・木原 電話 090-1965-7102
ブログ https://blog.goo.ne.jp/takahamakarakanden/

原発は、事故確率の高さ、事故被害の深刻さ、事故処理の困難さ、使用済み核燃料の処分の困難さなど、現在科学技術で制御できる装置でないことは明らかです。その原発が老朽化すれば、危険度が急増することは多くが指摘するところです。

いま、脱原発・反原発は圧倒的な民意ですが、老朽原発の運転に反対する声はさらに大きく、運転を認める声などほとんどありません。それでも、関西電力と政府は、運転開始後45年超え、44年超え、43年超えになる老朽原発・高浜1、2号機,美浜3号機の再稼動を画策し(早ければ6月と言われています)、全国の原発の60年運転を先導しようとしています。また、原発の40年超え運転は「例外中の例外」としていた政府は、この約束も反故(ほご)にしようとしています。許してはなりません。

老朽原発・高浜1、2号機、美浜3号機の即時廃炉を求める大集会を大阪で実現するための相談会が、1月18日、京都で開催されました。関西各府県、福井県はもとより、石川県、愛知県、東京都など、広域から約60名のご参加を戴きました。参加者の所属団体も、近年にはなかったほど幅広く、多様でした。老朽原発の運転を画策する関電の野望を打ち砕く大集会の実現を予感させるものでした。

相談会では、1万人規模の結集を目指して、5月17日(日)、大阪市内で「老朽原発うごかすな!大集会inおおさか」を開催することが決定されました。原発の40年超え運転と新設を阻止すれば、最悪でも、2033年には若狭から、2049年には全国から稼働する原発が無くなります。

今、原発の安全対策費は高騰し、原発に依存する電力会社からの顧客離れが進み、原発は経済的にも成り立たなくなっています。一方、原子力規制委員会(規制委)は、原発の「特重施設(テロ対策施設)」が期限までに完成しなければ、原発は運転中であっても、停止させると決定しました。さらに、関電幹部に高額の原発マネーが還流された不祥事によって脱原発・反原発の声はさらに大きくなっています。このような状況の中で、広島高裁は1月17日、四国電力や規制の地震や火山のリスク評価を不十分として、伊方原発3号機運転禁止の仮処分を決定しました。したがって、今は老朽原発廃炉、原発全廃に向かって大きく前進する絶好のチャンスです。

「老朽原発うごかすな!大集会inおおさか」の大成功によって、老朽原発廃炉を勝ち取り、原発のない、人の命と尊厳が大切にされる社会を実現しましょう!

 

20200517img1
20200517img2

Comments are closed.

Post Navigation