Category Archives: 日程お知らせ

老朽被災原発・東海第二動かすな!
東電の資金援助1900億円許すな!
日本原電・東電本店 連続抗議行動に集まろう

PDFダウンロード

原発は危険、「特重」施設ない原発はもっと危険!
「特重できていない原発」はすぐ止めろ!川内・玄海・伊方・大飯・高浜

「特重」施設のない原発をすぐ止めろ!全国行動
 第1波行動:2019/8/21(水)

  12時~ 原子力規制庁まえ(最寄駅:南北線 六本木一丁目駅)
  15時~ 九州電力東京支社まえ(電気ビル前)(最寄駅:有楽町駅)
 第2波行動:2019/11月予定
 第3波行動:2020/2月予定

主催 再稼働阻止全国ネットワーク
問合せ TEL 070-6650-0797 メール info@saikadososhinet.sakura.ne.jp

 

呼びかけ:
「特定重大事故等対処施設」のない原発の即時停止を求めましょう!

東電福島第一原発事故から8年を超えました。原発事故は収束できず、廃炉への道は100年以上と遠く、未だに10万人以上が避難し、被ばく原因と思われる小児甲状腺がんをはじめ白血病や心臓病などの疾病が増え、避難生活による体調悪化、震災関連死も増え続けています。

2012年9月に発足した原子力規制委員会は、福島第原発事故の検証もせず、既存の原発を稼働させるため、「緩やかに過ぎ、合理性を欠く」新規制基準を策定し、甘い審査により、川内・高浜・伊方・大飯・玄海の原発再稼働を容認してきました。地震・火山などの自然災害などがいつ起こってもおかしくない日本列島で、現在9基の原発が稼働しており、非常に危険な状況にあります。

原子力規制委員会は6月12日の定例会合で、原発の「特定重大事故等対処施設」(特重施設)が設置期限までに完成しない場合、期限の約1週間前までに原発の運転停止命令を電力会社に出すこととしました。

「特定重大事故等対処施設」は、福島第一原発事故を教訓に、原発に重大事故が起きた際、原子炉の冷却を続けるための設備で、新規制基準施行時に、5年後2018年に設置を新たに義務付けられたものです。その後、特重施設の工事が進まない事業者の意向もあり原発の工事計画を認可した日から5年以内の完成へと期限を延長してきました。しかし、2020年のオリンピックに向けてテロ対策を強化しなければならない政府の意向もあり、来年3月から次々と期限が切れる原発にこれ以上の延長は認めないとしています。

巨大な地震や津波、火山の爆発などはいつ起こるか予想ができず、原発の事故は待ってはくれません。福島第一原発事故を繰り返さないためには、規制委員会が特重施設の設置期限を5年間延長したこと自体が誤りでした。規制委員会は、特重施設のない原発の即時停止を命ずるべきです。また、電力事業者は、特重施設が完成するまでは稼働中の原発を停止するのが、安全をはかる責任の取り方です。

以上の要請を、原発稼働中の電力事業者と規制委員会に対し、全国各地で一斉に行うことを、5月18日-19日の全国相談会で決定しました。各地の規制委員会に対してこれまで行った全国一斉行動の経験を活かし、8月に第一波行動を開始し、東京では規制委員会と九州電力東京支社に対して要請を行います。

さらに、11月:第2波行動、来年2月:第3波行動を実施し、同3月には、停止される九州電力川内原発現地に全国から集い、稼働を止めるとともに、これを契機に老朽原発の再稼働を許さない闘いをさらに強めましょう。
全国各地での創意ある取り組みを呼びかけます。

再稼働阻止全国ネットワーク

 
– – – – – – – – – –
第1波全国共同行動《東京行動》
 2019/8/21(水) 12時~13時 原子力規制庁まえ(最寄駅 六本木一丁目駅)
 2019/8/21(水) 15時~16時 九州電力東京支社まえ(最寄駅 有楽町駅(電気ビル前))

 「新規制基準」が義務づけたメルトダウン対策の施設づくり、規制委はそれを「原子炉等規制法」の改正までして、強引に「工事計画認可」から5年以内の延長を認めてしまった。この対策の破綻が再稼働した原発を連続的に止めざるをえない事態をつくりだした。各地の闘いに呼応し、ただちにストップせよとの抗議の声を「規制委」と電力会社に叩きつけよう!

▼「特重施設」は新規制基準の一番の目玉=大切なところ。
 ・3.11東電福島第一原発事故のとき、「特重」があれば妨げた、又は軽減できたともいわれます。
▼5年間猶予=延長した規制委員会は大間違いをした。
 ・地震・津波・火山は5年間待ってはくれない。明日、発生するかもしれない。
▼「特重施設」では「使用済み燃料プール」の安全は保障されない。
▽「特重施設」建設費用は1基千億円、工事期間は4.5年ともいわれている。

(このイベントは終了しました)

再稼働阻止全国ネットワーク「全国相談会」in 高槻のご案内
相談会2日目は、「老朽原発うごかすな!関電包囲全国集会」へ合流しよう!

「原則40年ルール」は早くも形骸化し、運転開始40年超の超老朽原発が4基も運転延長を認められてしまい、電力会社は大手を振って再稼働の準備を進めている状況です。
高浜1号機(運転45年)、高浜2号機(44年)、美浜3号機(43年)、東海第二(運転41年)

再稼働阻止全国ネットワークでは、大阪(高槻市)で開催予定の「老朽原発うごかすな!関電包囲全国集会」に合わせ、「老朽原発を動かすな・運転延長を許さないぞ」を主題とする全国相談会を開催します。日程は、5/18(土)午後~19日(日)午前、会場は高槻市内。

何としても、老朽原発の運転延長・再稼働を止め、ほころびだらけの原発推進政策にとどめをさしましょう。全国からの参加を呼びかけます。

【再稼働阻止全国ネットワーク全国相談会】

 日時 2019年5月 18日(土)・19日(日)

全国相談会《1日目》5/18(土) 13時~21時
 会場 クロスパル高槻 7階 第6会議室(大阪府高槻市紺屋町1-2)
 最寄 JR高槻駅 南口から徒歩約1分
 
全国相談会《2日目》5/19(土) 9時~12時
 会場 生涯学習センター3階 第2会議室(大阪府高槻市桃園町2-1)
 最寄 JR高槻駅 南口から徒歩約8分
 
◎老朽原発うごかすな!関電包囲全国集会 2019年5月19日(日)13時~
 場所 関西電力 本店まえ(大阪市北区中之島)
 13時から集会 → 御堂筋デモ 集合:うつぼ公園(出発15:15 解散16:45予定)
 この集会についての問合せ先 →実行委員会のBlog
 
◆交通費補助(要 事前申込み)
 全国相談会または関電包囲全国集会に参加する方へ交通費補助を実施
 ただし次の地域からご参加の方は補助対象外となります。また団体での申込みはご遠慮下さい。
 対象外の地域:福井、京都、大阪、滋賀、奈良、兵庫、和歌山

◆全国相談会についての問合せ先 再稼働阻止全国ネットワーク 事務局
 TEL 070-6650-0797 メール info@saikadososhinet.sakura.ne.jp
 FAX 03-3238-0797(再稼働阻止全国ネットワーク宛、と明記下さい)
 
 

2019年、老朽原発うごかすな!2つの全国集会 賛同のお願い


 

5/19(日) 老朽原発うごかすな!関電包囲全国集会


 

(このイベントは終了しました)

老朽原発うごかすな!関電包囲全国集会◇集会とデモ

◆と き 2019年5月19日(日)13:00~
◆ところ 関西電力本店前(大阪市北区中之島)
◇集会後、徒歩でうつぼ公園へ移動
 15:15 うつぼ公園からデモ出発(御堂筋デモ、難波まで)
 16:45 終了

主催 原発うごかすな!実行委員会@関西・福井 実行委Blog

【PDダウンロード】

20190519_takahama

 
賛同のお願い

2019年、老朽原発うごかすな!2つの全国集会 賛同のお願い

 

(このイベントは終了しました)

2019年、老朽原発うごかすな!2つの全国集会開催決定

全国の皆さま、
「老朽高浜原発再稼働反対行動」への賛同をお願いします

原発のない社会の創造に向けた運動への日ごろのご指導・ご鞭撻に感謝申し上げます。

さて、原発は人間の手におえる装置でないことは、2011年の福島第一原発事故が大きな犠牲の上に教えています。そのため、原発全廃を目指す運動が全国・全世界的に広がっています。原発の再稼働・再々稼働を許してはなりません。とくに40年という期限を越えた若狭の老朽原発・高浜1、2号機(44年、43年越え)、美浜3号機(42年超え)の再稼動は何としても阻止しなければなりません。これを許せば、全国の原発の20年運転延長の先例になると考えるからです。

老朽原発を動かそうとすれば、高額の安全対策費がかかり、経済的にも成り立たないことは明らかですから、私たちの闘い如何では、再稼働阻止も実現可能であると思います。

関西と福井の総力を結集して、闘いたいと存じます。
私どもは、来年9月~10月に再稼働が目論まれている老朽高浜1、2号機の再稼働(美浜3号機は2020年3月とも言いわれています)阻止のため、来春3月に高浜現地で、同年5月には大阪関電本店前で、全国集会(及びデモ)を企画いたしました。
皆様(個人、団体)には、ぜひご賛同いただければ幸いです。なお、賛同金は不要です。

PDFダウンロード

①老朽原発うごかすな!高浜全国集会  ◇集会とデモ
 ◆と き 2019年3月24日(日)14:00
 ◆ところ 高浜町文化会館(福井県高浜町)※駐車場あり
②老朽原発うごかすな!関電包囲全国集会  ◇集会とデモ
 ◆と き 2019年5月19日(日)13:00
 ◆ところ 関西電力 本店前(大阪市北区中之島)

主催 原発うごかすな!実行委員会@関西・福井

問合せ(電話)
 林 (オール福井反原発連絡会)090-8263-6104
 東山(ふるさとを守る高浜・おおいの会)0770-72-3705
 木原(若狭の原発を考える会)090-1965-7102
(FAX)075-501-7102 (Eメール)kiharas-chem@zeus.eonet.ne.jp
 

(このイベントは終了しました)

老朽原発うごかすな!高浜全国集会◇集会とデモ

◆と き 2019年3月24日(日)14:00
◆ところ 高浜町文化会館(福井県高浜町)※駐車場あり
主催 原発うごかすな!実行委員会@関西・福井

【PDダウンロード】

20190324_takahama_img

 
賛同のお願い

2019年、老朽原発うごかすな!2つの全国集会 賛同のお願い


 

3月10日(日)2つのアクションにご参加ください。
なお、日本原電は2/25から移転します。集合場所にご注意ください。

東電福島第一原発事故から8年、東京電力は福島原発事故の責任をとれ!

◆第66回東電本店合同抗議
日時 2019年3月10日(日)13時~14時30分
場所 東京電力本店前(千代田区内幸町)
呼びかけ 経産省前テントひろば、たんぽぽ舎
賛同 東電株主代表訴訟、ピースボードなど133団体

◆とめよう!東海第二原発 3.10日本原電本店抗議
日時 2019年3月10日(日)15時30分~ 
場所 日本原電本店前(台東区上野5-2-1 住友不動産秋葉原北ビル) ※2/25から移転
主催 とめよう!東海第二原発首都圏連絡会
協力 再稼働阻止全国ネットワーク
最寄駅 末広町駅 出口2から徒歩4分、秋葉原駅 昭和通り口から徒歩9分
集会終了後、デモ予定

  

(このイベントは終了しました)

緊急行動
首都圏・東京に最も近い東海第二原発を廃炉に!11.27 アクション

 
※このアクションについての問合せ先
とめよう!東海第二原発首都圏連絡会
 メール stoptokai2.shutoken@gmail.com 電話 070‐6650‐5549

東海第二原発の再稼働審査を問う!
原子力規制委員会院内ヒアリング集会(4)
- 首都圏に最も近い老朽・被災原発を動かすな、設置許可認可糾弾 -

私たちは、2月と5月と7月に規制庁の担当者を招いて院内ヒアリング集会を実施し、東海第二原子力発電所の稼働と運転延長の危険性を詳細に指摘してきた。さらに、7月に実施された設置変更許可についてのパブコメでも多くの意見を提出した(寄せられた意見1184件)。

しかし残念ながら原子力規制委員会は、9月26日に設置変更許可の認可を決定し、工事計画認可・運転期間延長認可の審査も急ピッチで進め、適合性審査も運転延長審査も11月中旬までには「合格」を決定して、老朽・被災・超危険原発である東海第二原発を廃炉にせずに再稼動させようとしている。

そこで、これまでのヒアリング結果とパブコメ回答と補正書(日本原電)と審査書(規制委)など最新の状況を確認しながら、私たちの問題意識を伝え、原子力規制委員会に対して何としても「合格」させないように強く訴えます。
多くの方々の参加を呼びかけます。

日時 2018年10月25日(木)13:00~17:00
場所 衆議院第一議員会館多目的ホール
最寄駅 国会議事堂駅、永田町駅、溜池山王駅から徒歩2~3分

出席依頼 原子力規制庁(13時半~16時半)【依頼・調整中】
紹介議員 衆議院 大河原まさこ議員
共催 再稼働阻止全国ネットワーク、とめよう!東海第二原発首都圏連絡会

【質問概要】
Ⅰ 適合性審査と運転延長審査の進捗と見通し
 工事計画、保安規定、運転延長、特定重大事故等対策施設、12月以降

Ⅱ 適合性審査(設置許可、工事計画)
1 電気ケーブル
2 地震による損傷防止
3 津波による損傷防止
4 津波による漂流物の問題
5 炉心安定性と原子炉停止問題
6 ブローアウトパネル
7 深層防護第5層の責任
8 特定重大事故対策施設
9 日本原電の体質、経理的基礎、東京電力からの資金支援

Ⅲ 運転延長審査
  劣化状況評価、震災影響評価、日常劣化管理事象

Ⅳ 近接の原子力施設からの影響に係る審査

質問者(予定)
東京 山崎久隆、木村雅英
茨城 川澄敏雄、大石光伸、相沢一正、披田信一郎
ほか集会参加者

集会次第案(13時~17時)
 13時00分~ 通行証配布開始
 13時10分~13時25分 事前確認打合せ
 休憩(5分)
 13時30分~16時30分 規制庁ヒアリング
 16時30分~17時00分 事後意見交換会
 

10・20首都圏大集会への参加のお願い

とめよう!東海第二原発首都圏連絡会

皆さま 日頃のご奮闘に敬意を表します。

東海第二原発の再稼働・20年運転延長問題については、原子力規制委員会が3つのハードルの一つ目である設置変更許可申請を正式に認可する段階に来ております。

東海第二原発は、首都圏に一番近く、老朽・被災原発である他、多くの問題を抱えておりこれが再稼働し過酷事故が起きた場合は、首都圏はおろか日本が壊滅する恐れがあると指摘されております。

私達はどうしても、東海第二原発の再稼働・20年運転延長を止めねばなりません。下記の内容で「10・20東海第二原発運転延長STOP!首都圏大集会」を開催する事としました。

この大集会に多くの方が参加され、これを機に大きなうねりを作りたいと考えておりますのでお忙しいとは存じますが、最大限の取組みをして下さいます様お願い申し上げます。

日時 2018年10月20日(土) 18:30~20:40 開場:17:45
場所 日本教育会館 3階 一ツ橋ホール(800席) 
最寄駅 神保町駅 A1出口 徒歩2分   【ちらし ダウンロード】

〈講演〉
 鎌田慧さん(ルポライター)
 吉原毅さん(原自連会長、城南信金顧問)
 村上達也さん(前東海村長)
 特別出演 おしどりマコ&ケンさん「東海第二七つの不思議」

〈行動提起〉柳田真(とめよう!東海第二原発首都圏連絡会世話人)

主催 とめよう!東海第二原発 首都圏連絡会