Tag Archives: 高浜原発

「老朽原発うごかすな!大集会 in おおさか」実行委員会 より

「新型ウイルス」蔓延の中でも、関電は大飯原発3、4号機、高浜原発4号機の運転を続け、
老朽原発・高浜1、2号機、美浜3号機の再稼働準備工事を続けています。
関電および原発立地町への抗議および申入れ書を提出しました。(4/30)

おおい町宛て
関西電力宛て
高浜町宛て

~賄賂より廃炉、関電はあかんでん、高浜・大飯止めろ、老朽原発動かすな~
4/22関電東京支社抗議は、街頭での抗議行動を中止し、
「家にいて関電(東京支社)に抗議する!」行動に変更します

再稼働阻止全国ネットワークは、昨年9月の関電原子力マネー還流問題報道以来、関電東京支社への抗議行動を、秋には毎週、冬には毎月、続けてきました。
本年3月14日に関電第三者委員会の報告書と関電内処分を発表、16日には経産省が電気事業法に基づく業務改善命令を関電に発し、幕引きを図ろうとしました。ところが、関電の「役員報酬 退任後ひそかに補填」への怒りが沸騰。更に、経産省・資源エネルギー庁の業務改善命令手続に瑕疵があるばかりか虚偽公文書を決済していたことが発覚。「関電の原発マネー不正還流を告発する会」が第三者委報告を受けての追加告発を呼びかけています。また、「老朽原発うごかすな!大集会inおおさか」も計画されています(開催を5月17日から9月6日に延期)。
第三者委員会も関電も経産省・資源エネルギー庁も、原発存続の為に非常に愚かで犯罪的施策をしていることが明らかで、この状況を見逃してはいけません。
 このような状況の中で東京事務局では、「4.22関電東京支社抗議行動」を計画しました。しかしながら、安倍政権による新型コロナウィルス対策の愚策ゆえに感染が心配されるため、直接の行動を控え、次の行動に切り替えます。

<4.22「家にいて関電(東京支社)に抗議する!」行動
 ~賄賂より廃炉、関電はあかんでん、高浜・大飯止めろ、老朽原発動かすな~>

一人一人が、関電東京支社にメッセージを届けることを提案します。
在宅で、関電への怒り・原発への怒りを、FAX、電話、はがき(手紙)、ネットなどを活用して送信・送付してください。また、できれば関電本店へもお願いします。現地行動は中止しますが、皆さんぜひ「家から行動」願います。

あて先
【関電東京支社】
代表電話 03-3591-9261 FAX 03ー3593-0586
〒100-0011 東京都千代田区内幸町2丁目1番6号 日比谷パークフロント7F

【関電本店】
大代表 06-6441-8821
〒530-8270 大阪府大阪市北区中之島3丁目6番16号

<日程延期のお知らせ>

全国から集まろう 5・17中之島大集会、5・18全国相談会
「5.17老朽原発うごかすな!大集会inおおさか」
「5.18すべての原発を廃炉に 全国相談会」

 全国の皆さんに呼びかけます。
 経産省は、原発が「安全・安い・無いと電気が足りない」の嘘が明らかになり、核燃料サイクルが破綻しているにもかかわらず未だに原発推進(おまけに危険なプルサーマル発電)を強引に推し進めている。原子力規制委員会は、原発再稼働推進が一巡したところで老朽原発運転延長を推し進め、特重・新検査制度・バックフィットなどで次の再稼働推進の体制を整えている。電力各社は当面の売上・利益を確保するため、既存原発のみならず老朽原発までも稼働しようとしている。事故は避けられず、「核のゴミ」問題は全く進展していないにもかかわらず。
 そんな中で、昨年9月に関電の原子力マネー還流問題が発覚し全国が注目。「関電の原発マネー不正還流を告発する会」が結成された。ところが、本年3月14日に関電第三者委員会の報告書と関電内処分の同時発表、16日には経産省もが電気事業法に基づく業務改善命令を関電に発して、幕引きを図ろうとしている。
 この状況を見逃しては、いつまでも原発を止められない。

 再稼働阻止全国ネットワーク事務局では、昨年12月8の関電本店包囲、今年3月14日の拡大事務局会議などをふまえ、「5.17老朽原発うごかすな!大集会inおおさか」の実行委員会に積極的参加してきて、同1万人集会への全国からの結集と全国相談会開催を提案します。
 5月17日(日)には全国から大阪市中之島に結集して「老朽原発うごかすな!」「関電に原発を動かす資格は無いぞ」と訴えて大阪市内を練り歩きましょう。また、翌日18日(月)に、高槻市で全国相談会を開催します。老朽原発20年延長問題(美浜・高浜・東海第二とともに川内1,2、高浜3,4他)、関電原子力マネー還流問題(玄海町のみならず全国で隠されている)、使用済核燃料問題(六ヶ所再処理、中間貯蔵、核燃料サイクル)問題などについて、どの様にして原発にとどめを刺すかを相談しましょう。

「5.17老朽原発うごかすな!大集会 in おおさか」
 13時  大阪中之島公園 (大阪市役所南側、ステージは女神像まえ)
 14時半 デモ出発
 
「5.18すべての原発を廃炉に 全国相談会」
 9時半~15時半
 高槻市 クロスパル高槻(高槻市総合市民交流センター)5階 視聴覚室 リンク
(注:大阪(梅田)から高槻まではJR線で約15分です)

【交通費補助について】
今回も全国相談会への各原発現地からの参加者には交通費の半額を支給します。
福井・近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)以外から「5.17老朽原発うごかすな!大集会inおおさか」に参加する個人に対して5千円の補助を行います。<要・事前連絡>

【集会参加・ホテル申し込み要項】
 5/17(日)高槻市内ホテルを20室ほど確保しています。(締切り:4月10日頃まで)
再稼働阻止ネット事務局宛てにメール・FAX・電話のいずれかの方法でご連絡ください。
 (事務局担当者からの折り返しの電話連絡をもって、受付完了とします)
・メール action@saikadososhinet.sakura.ne.jp
・FAX 03-3238-0797(「再稼働阻止ネット 5/17集会参加申込み」と明記してください
・電話 担当:沼倉 080-1012-4661(ショートメール可)

※集会参加、ホテル予約とも、複数名記載OKです(ただし、名前はフルネームで記載願います。連絡先は代表者1名のみでも可)
※確保しているホテルは、高槻サンホテル シングル7690円(素泊り) ツイン一人6510(素泊り)2室のみ
 申込者多数の場合は近隣のホテルを予約します。ホテル予約希望のかたは早目にお申込みください。
※新型コロナウィルス対策は各自でお願いします。全国から結集して、原発を終わらせましょう!

以上

再稼働阻止全国ネットワーク事務局

関西電力東京支社前で、原発マネー不正還流・金品受領問題への緊急抗議行動を行いました。

今月14日に関電の第三者委員会の報告が出されたことによる急な呼びかけにも関わらず、30人あまりが集い、退社時間の会社員が行き交う日比谷公園前で、関西電力東京支社へ怒りの声をあげました。

「今日は忙しい」との理由にもならない理由で、私たちの申し入れ書受け取りを拒んだ関西電力でしたが、17:00前に市民を代表して3人が、構わずビルの中へ。
再稼働阻止全国ネットワークの申入書、議員市民連盟の申入書、そして「関西電力の原発マネー不正還流を告発する会」の声明を受付けに提出しました。

ビル前では、力強いコールで抗議集会が始まりました。続いて市民が「新社長も同じ穴の狢だ!」「減額した役員報酬を裏で補てんとは何事だ!」「プルサーマルをただちにやめろ!」「役員は総辞職だ!」と次々に抗議の声をあげました。
桃太郎の節で「♪森山さん森山さん、お腰につけた毒まんじゅう、ひとつわたしにくださいな♪」の替え歌も飛び出しました。

最後に、4月1日の【日本原電抗議】および5月17日の【老朽原発うごかすな!大集会 in おおさか】への結集を呼びかけ、本日の抗議を終えました。この声を、【5.17老朽原発うごかすな!大集会 in おおさか】の1万人集会につなげ、原発を動かす資格のない関西電力に、怒りの鉄槌を下しましょう!

この日、関電東京支社に提出した文書(3通)
1、再稼働阻止全国ネットワークの申入書「関電には原発を稼働する資格は無い」
2、反原発自治体議員・市民連盟の申入書原発事業からの撤退を求めます
3、関電の原発マネー不正還流を告発する会及び告発代理人弁護団「声明」 ( http://kandenakan.html.xdomain.jp )

「老朽原発うごかすな!大集会inおおさか」に総力結集を!

日時 2020年5月17日(日)13時 開会
場所 大阪市中之島公園  PDFダウンロード

主催 「老朽原発うごかすな!大集会inおおさか」実行委員会
問合せ・連絡先 実行委員会・木原 電話 090-1965-7102
ブログ https://blog.goo.ne.jp/takahamakarakanden/

「5.17老朽原発うごかすな!大集会inおおさか」を9/6(日)に延期します


 

原発は、事故確率の高さ、事故被害の深刻さ、事故処理の困難さ、使用済み核燃料の処分の困難さなど、現在科学技術で制御できる装置でないことは明らかです。その原発が老朽化すれば、危険度が急増することは多くが指摘するところです。

いま、脱原発・反原発は圧倒的な民意ですが、老朽原発の運転に反対する声はさらに大きく、運転を認める声などほとんどありません。それでも、関西電力と政府は、運転開始後45年超え、44年超え、43年超えになる老朽原発・高浜1、2号機,美浜3号機の再稼動を画策し(早ければ6月と言われています)、全国の原発の60年運転を先導しようとしています。また、原発の40年超え運転は「例外中の例外」としていた政府は、この約束も反故(ほご)にしようとしています。許してはなりません。

老朽原発・高浜1、2号機、美浜3号機の即時廃炉を求める大集会を大阪で実現するための相談会が、1月18日、京都で開催されました。関西各府県、福井県はもとより、石川県、愛知県、東京都など、広域から約60名のご参加を戴きました。参加者の所属団体も、近年にはなかったほど幅広く、多様でした。老朽原発の運転を画策する関電の野望を打ち砕く大集会の実現を予感させるものでした。

相談会では、1万人規模の結集を目指して、5月17日(日)、大阪市内で「老朽原発うごかすな!大集会inおおさか」を開催することが決定されました。原発の40年超え運転と新設を阻止すれば、最悪でも、2033年には若狭から、2049年には全国から稼働する原発が無くなります。

今、原発の安全対策費は高騰し、原発に依存する電力会社からの顧客離れが進み、原発は経済的にも成り立たなくなっています。一方、原子力規制委員会(規制委)は、原発の「特重施設(テロ対策施設)」が期限までに完成しなければ、原発は運転中であっても、停止させると決定しました。さらに、関電幹部に高額の原発マネーが還流された不祥事によって脱原発・反原発の声はさらに大きくなっています。このような状況の中で、広島高裁は1月17日、四国電力や規制の地震や火山のリスク評価を不十分として、伊方原発3号機運転禁止の仮処分を決定しました。したがって、今は老朽原発廃炉、原発全廃に向かって大きく前進する絶好のチャンスです。

「老朽原発うごかすな!大集会inおおさか」の大成功によって、老朽原発廃炉を勝ち取り、原発のない、人の命と尊厳が大切にされる社会を実現しましょう!

 

20200517img1
20200517img2

老朽原発うごかすな!
キャンペーン、200kmリレーデモ、関電包囲大集会
報告とお礼

原発は、事故確率の高さ、事故被害の深刻さ、事故処理の困難さ、使用済み核燃料の処理処分の困難さなど、現在科学技術で制御できる装置でないことは明らかです。その原発が老朽化すれば、危険度が急増することは多くが指摘するところです。

それでも、関西電力(関電)と政府は、来年には運転開始後45年、44年、43年を超える老朽原発・高浜1、2号機,美浜3号機の再稼動を画策しています。
私利私欲にまみれた関電に、万が一にも重大事故を起してはならない原発を運転する資格が無いことは明らかです。老朽原発の運転などもってのほかです。

「原発うごかすな!実行委員会@関西・福井」は、老朽原発の廃炉を実現し、それを突破口にして、原発のない社会、科学技術に過剰に依存しない社会、人の命と尊厳が大切にされる社会を展望したいと考え、10月1日~11月22日に「老朽原発うごかすな!キャンペーン」期間、11月23日~12月8日に「老朽原発うごかすな!高浜原発-関電本店200kmリレーデモ」、12月8日に「老朽原発うごかすな!関電包囲大集会」を設定し、関西、福井、愛知で老朽原発廃炉を求める行動を展開しました。

これらの「老朽原発うごかすな!キャンペーン」、「リレーデモ」、「関電包囲大集会」は、今までになく幅広い、600を超える市民団体、労働団体、政党、個人のご賛同、ご参加を得て成功裏に遂行されました。
ご賛同、ご支援、ご参加いただきました皆さんに感謝とお礼を申し上げます。

 
[行動の概要]

「老朽原発うごかすな!キャンペーン」の期間中、福井では、10月7日にあわら市を出発し、11日に若狭町に至るリレーデモを、兵庫では、11月2日に姫路市を出発し、12月8日に関電本店に至る94km を徒歩でつなぐリレーデモを完遂しました。11月2日、神戸市でリレーデモ出発集会が開催され、老朽原発の危険性と原発全廃運動について考えました。

期間中は、協賛する10回の集会(うち8回はデモも)が行われました。
10月5日、京都市で大島堅一さんが「電力システム改革と原発延命政策」と題して、与謝野町で樋口英明弁護士が「わたしが、大飯原発を止めたわけ」と題して講演されました。
10月8日の高浜緊急集会には70名が結集し、高浜原発前で関電の「原発マネー」癒着を糾弾し、高浜町に申し入れを行いました。
10月12日、台風直撃下の米原集会では、井戸健一福井原発訴訟弁護団長の「原発には未来がない」と題した講演と平尾道雄米原市長の激励をいただきました。
10月16日には、名古屋地裁での「老朽原発40年廃炉訴訟」の傍聴に関西、福井から大挙して出かけ、原告の皆さんと交流しました。
10月19日の大津集会、11月4日の舞鶴集会では、老朽原発の危険性に関する長沢啓行さんの講演を聴講し、デモ行進しました。
11月17日の近江八幡集会では、中嶌哲演さんが原発立地の苦悩と原発電力消費地元の運動に関して講演されました。同日、大津市でも「老朽原発うごかすな!」集会が開催されました。
11月20日の宇治集会では、著者(木原)が「こんなに危険老朽原発!」と題して講演しました。
11月23日からは、「老朽原発うごかすな!」を訴える16日間のリレーデモを、延べ900人の参加を得て実行し、途中の自治体への申し入れも行いました。リレーデモの沿道では、賛同する多くの皆さんのご声援をいただきました。
途中の11月30日、高島市で、嘉田由紀子参議院議員の講演会を大盛況のうちに開催しました。リレーデモと並行して、奈良市では関電奈良支社への抗議・申し入れとデモ(約50名参加、11月29日)、東大阪市では反原発集会(約100名参加、12月1日)、伊丹市では「さよなら原発集会」(560名参加、12月1日)が行われました。

リレーデモが関電本店に到着した12月8日には、全国から1100名の結集を得て「老朽原発うごかすな!関電包囲大集会」が開催され、各地のリレーデモ実行委員会、全国の原発立地で闘う団体、原発運転差し止め訴訟原告団、脱原発をめざす関西の市民団体、労働団体など、30を超える団体、個人から熱烈な連帯の挨拶をいただきました。名古屋の「廃炉訴訟」費用についてのクラウドファンディングが成功したこと、「関電の原発マネー不正還流を告発する会」の告発人が3000人を超えたことも発表されました。
 

今、原発の安全対策費は高騰し、原発に依存する電力会社からの顧客離れが進み、原発は経済的にも成り立たなくなっています。また、原子力規制委員会は、「特重施設」が期限までに完成しなければ、原発は運転中であっても、停止させると決定しました。一方、関電幹部に高額の原発マネーが還流された不祥事によって脱原発・反原発の声はさらに大きくなっています。従って、今は老朽原発廃炉、原発全廃に向かって大きく前進する絶好の機会です。

今回の「老朽原発うごかすな!キャンペーン」「リレーデモ」「関電包囲大集会」は、今までになく幅広い、600を超える市民団体・労働団体・政党・個人のご賛同、ご参加を得て成功裏に遂行されました。この成功を礎として、来年早々には万余の民衆が結集する大行動を準備し、その力によって老朽原発の廃炉を勝ち取り、原発全廃に向けて大きく前進しましょう。

 
チラシ発行 2019年12月10日
原発うごかすな!実行委員会@関西・福井
木原壯林(若狭の原発を考える会 TEL:090-1965-7102)

 
– 各紙報道 –
◆ABC関西ニュース 2019/12/08 18:46
運転開始40年以上の「老朽原発」廃止訴えデモ
https://www.asahi.co.jp/webnews/pages/abc_4218.html

◆朝日新聞 2019年12月8日19時27分
関電本店前で反原発派の抗議集会 「老朽原発は廃炉に」
https://www.asahi.com/articles/ASMD863LSMD8PQIP00G.html

2019年10月9日 朝日新聞 地方版 朝刊
高浜原発前で抗議デモ

2019年11月5日 朝日新聞 地方版 朝刊
老朽原発の再稼働「反対」リレーデモ 姫路→関電

2019年11月4日 赤旗
老朽原発うごかすな 姫路─関電 リレーデモ出発

2019年11月5日 朝日新聞 地方版 朝刊
40年超老朽原発 再稼働反対訴え 舞鶴で集会・デモ

2019年11月24日 朝日新聞 地方版 朝刊
老朽原発うごかすな 高浜原発→200キロ 市民団体、リレーデモ開始
 

2019年11月23(土休)~12月8日(日)高浜発から関電本店まで200キロ リレーデモ
危険すぎる老朽原発・高浜1、2号機、美浜3号機の再稼動を許さない!

高浜原発から関電本店(大阪)までのリレーデモで訴えよう

詳しくは実行委員会のブログで
原発うごかすな!実行委員会@関西・福井 Blog

 
このイベントに関する問合せ先:原発うごかすな!実行委員会 関西・福井
連絡先 木原(若狭の原発を考える会)TEL:090-1965-7102、FAX:075-501-7102

(地域の活動紹介)
原発うごかすな!実行委員会@関西・福井」10月~11月の行動案内

11月23日に高浜原発を出発し、12月8日に関電本店に至る200km・16日間の「老朽原発うごかすな!リレーデモ」を成功させよう!

日時 2019年11月23日(土休)~12月8日(日)
高浜原発から関電本店までのリレーデモ
主催 原発うごかすな!実行委員会@関西・福井

詳細 原発動かすな!実効委員会@関西・福井 Blog

【地域の活動紹介】

さいなら原発・びわこネットワーク ニュース37号より
老朽原発停止 の闘いは勝利できる! の闘いは勝利できる!
5.19関電包囲全国集会に750人の結集【PDF】

(このイベントは終了しました)

再稼働阻止全国ネットワーク「全国相談会」in 高槻のご案内
相談会2日目は、「老朽原発うごかすな!関電包囲全国集会」へ合流しよう!

「原則40年ルール」は早くも形骸化し、運転開始40年超の超老朽原発が4基も運転延長を認められてしまい、電力会社は大手を振って再稼働の準備を進めている状況です。
高浜1号機(運転45年)、高浜2号機(44年)、美浜3号機(43年)、東海第二(運転41年)

再稼働阻止全国ネットワークでは、大阪(高槻市)で開催予定の「老朽原発うごかすな!関電包囲全国集会」に合わせ、「老朽原発を動かすな・運転延長を許さないぞ」を主題とする全国相談会を開催します。日程は、5/18(土)午後~19日(日)午前、会場は高槻市内。

何としても、老朽原発の運転延長・再稼働を止め、ほころびだらけの原発推進政策にとどめをさしましょう。全国からの参加を呼びかけます。

【再稼働阻止全国ネットワーク全国相談会】

 日時 2019年5月 18日(土)・19日(日)

全国相談会《1日目》5/18(土) 13時~21時
 会場 クロスパル高槻 7階 第6会議室(大阪府高槻市紺屋町1-2)
 最寄 JR高槻駅 南口から徒歩約1分
 
全国相談会《2日目》5/19(土) 9時~12時
 会場 生涯学習センター3階 第2会議室(大阪府高槻市桃園町2-1)
 最寄 JR高槻駅 南口から徒歩約8分
 
◎老朽原発うごかすな!関電包囲全国集会 2019年5月19日(日)13時~
 場所 関西電力 本店まえ(大阪市北区中之島)
 13時から集会 → 御堂筋デモ 集合:うつぼ公園(出発15:15 解散16:45予定)
 この集会についての問合せ先 →実行委員会のBlog
 
◆交通費補助(要 事前申込み)
 全国相談会または関電包囲全国集会に参加する方へ交通費補助を実施
 ただし次の地域からご参加の方は補助対象外となります。また団体での申込みはご遠慮下さい。
 対象外の地域:福井、京都、大阪、滋賀、奈良、兵庫、和歌山

◆全国相談会についての問合せ先 再稼働阻止全国ネットワーク 事務局
 TEL 070-6650-0797 メール info@saikadososhinet.sakura.ne.jp
 FAX 03-3238-0797(再稼働阻止全国ネットワーク宛、と明記下さい)
 
 

2019年、老朽原発うごかすな!2つの全国集会 賛同のお願い


 

5/19(日) 老朽原発うごかすな!関電包囲全国集会