Tag Archives: 東海第二

「原発いらない茨城アクション実行委員会」より

4月23日、日本原電に対し緊急の申し入れを行いました。
(1)『コロナ感染が拡大している、東海第二原発に関わる全ての建設事業者に工事中止の判断を伝えること』
(2)『東海第二原発の安全対策工事の内容やスケジュールについて、住民に丁寧に説明すること』

 抗議・申入れPDF工事中止申し入れPDF

申し入れ以降の状況は次のとおりです。

●申し入れの翌日、4月24日原電はホームページに「新型コロナウイルスへの当社の取り組みについて」を掲載。そのなかで、「発電所の安全確保、安全性の向上に必要な業務を除き、可能な限り業務を縮小する」とし、「安全対策工事」の継続を宣言し、住民の要求を真っ向から否定する態度を示しました。
http://www.japc.co.jp/covid/index.html

●翌週27日、日本共産党茨城県委員会が、茨城県知事(担当部長手渡し)と原電(FAX)に対し、工事の即時中止・中断を求める申し入れを行いました。

東海第2原発 工事中止を 共産党茨城県委員会、議員団が要請


→ 原電は、電話で「工事は継続させて頂きます」と回答。

●翌28日の記者会見において茨城県知事は、東京新聞の宮尾記者の質問に答える形で、
「鹿島コンビナートの定期修理は大規模で、医療過疎地でもあることから延期を要請した。東海第二原発の工事は、ずっと続いている一連のもので急に人が減ったり増えたりしない、規模が小さく、元々着手している方々はずっと県内にいる。
よって大きな脅威にはならない」と、まったく聞く耳持たずの答え。
(参考映像 いばラキTV)

新聞報道
2020年4月29日 東京新聞
東海第二 知事、工事中断求めず コロナ感染拡大「大きな脅威ではない」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/202004/CK2020042902000146.html

東電福島第一原発事故から9年。2020年3月7日(土)東電本店抗議・日本原電本店抗議を行います。
 
クリックするとPDFを表示します↓↓

2020007_tokyo_s

 
日時 2020年3月7日(土)13時~14時半 【チラシPDF
場所 東京電力 本店まえ
最寄駅 三田線 内幸町駅 徒歩3分
呼びかけ・問合せ先:テントひろば(070-6473-1947)、たんぽぽ舎(03-3238-9035)

クリックするとPDFを表示します↓↓

 
日時 2020年3月7日(土)15時半から「日本原電まえ抗議」【チラシPDF
場所 日本原電 東京本社まえ
最寄駅 JR秋葉原駅 徒歩7分
主催 とめよう!東海第二原発 首都圏連絡会(070-6650-5549)
協力 再稼働阻止全国ネットワーク

毎月第1水曜「日本原電抗議に集まろう!」
 2020年1月8日(水)17:00~17:45 (新年のため第2水曜)
 2020年2月5日(水)17:00~17:45
 最寄駅:JR秋葉原駅

首都圏に一番近い危ない原発
老朽-被災原発 東海第二 動かすな!
再稼働のための工事は認められない!

呼びかけ:とめよう!東海第二原発、再稼働阻止全国ネットワーク
問合せ:TEL 070-6650-5549、メール:stoptokai2.shutoken@gmail.com

—–
同日18:30からは「東電本店前 合同抗議」へご参集ください。
 

 

STOP!!東海第二原発の再稼働 いばらき大集会

日本原電は運転40年超え原発の再稼働方針を発表。茨城の地から「再稼働NO!!」の声をあげましょう。

日時 2019年11月16日(土)13時30分~
会場 駿優教育会館 8階 音楽ホール
最寄駅 JR水戸駅 北口 <地図>
主催・問合せ先:STOP!!東海第二原発の再稼働 いばらき大集会 実行委員会
TEL 029-221-6811(相楽) 029-282-3619(相沢)
 

 
(ちらし)

東海第二原発の20年延長を許さない!11.27廃炉デー大アクション

日時 2019年11月27日(水)15時~18時30分
場所 日本原電本店まえ(台東区上野5-2-1)
共催 とめよう!東海第二原発首都圏連絡会、再稼働阻止全国ネットワーク
<詳細>

 「署名提出」「秋葉原周辺デモ」「日本原電を囲むヒューマンチェーン」
 3つのアクションで抗議の意思を突きつけよう!

東海第二原発は30キロ圏に94万人、150キロ圏に3500万人が暮らす首都圏=東京の原発。運転開始から40年を超えた老朽原発です。事故が起きても避難は不可能。しかし昨年11月、原子力規制委員会はさらに20年の運転延長を認可してしまいました。

東海第二原発を運営する日本原電の村松社長は「基本的には地元に最大限の誠意をもって対応している」と発言。しかし直接被害をこうむる首都圏からの5万筆あまりの再稼働反対の署名は、いまだに受け取りすら拒んでいます。

このような日本原電に再稼働の資格はあるのでしょうか。東海第二原発の危険性を首都圏の皆さんに訴え、日本原電本店周辺で3つのアクションを行います。ぜひご参加ください。
 

20191127_tokai

【東海第二原発をとめよう!署名第二弾】

東海第二原発再稼働に向けた工事の中止を求める署名
第一次集約 6月30日  第二次集約 9月30日
PDFダウンロード

 
署名実施団体:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」
問合せ TEL:070-6650-5549

毎月第一水曜日は原電本店&東電本店に集合!
 

東海第二原発 再稼働するな! 原電抗議に 集まろう! 東電合同抗議に参加しよう!
 

東海第二原発20年運転延長みとめられない!

 日本原電本店を囲んだ多数の市民のコール
 街頭デモに多数の通行人が注目と共感 「11.27アクション」が成功した!

11月27日(火)は、日本原電東海第二原発の法定廃炉日。 廃炉の日のはずだったが、残念にも動かそうとしている。これに抗議して、再稼働阻止めざして「11.27アクション」3波の行動が行われた。(主催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」)

第1は、署名提出。署名が48800筆を超えた。しかし、日本原電は受け取らず。
日本原電はうけとれ!のコールが鳴りひびいた。
第2は、デモ。千代田区神田周辺2キロを約1時間デモ。反応は大きい。
第3は、 日本原電本店包囲のヒューマンチェーンを2回実施。皆の意気が上がった。

初めてのデモだったが、神田周辺の人々の注目は高かった。公園でもビルでもコンビニでも人々が出て来て、我々のデモをみている(一部では賛同の手も上がったという)。沿道のビラまき隊からも「受取りはとてもよかった」という報告。メディアの取材も多くあり。250人の結集で「11.27アクション」は成功した。

報告-柳田 真(たんぽぽ舎、とめよう!東海第二原発首都圏連絡会)
(文-たんぽぽ舎メルマガ掲載より転載)

 
 撮影:片岡遼平

 

関連報道

茨城 NEWS WEB 11月27日 14時50分 「原発運転延長説明会 年明けから」
https://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20181127/1070004796.html

共同通信 11/28(水) 15:43配信 東海第2の運転延長に抗議
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00000088-kyodonews-soci

東海第二原発の20年延長運転を許さない!
10.26(反原子力の日)原電包囲ヒューマンチェーン
ご案内(とめよう!東海第二 首都圏連絡会HP)

10/25院内ヒアリング集会における質問に対する、原子力規制委員会の回答【PDF】

追加質問【PDF】

原子力規制委員会の設置許可変更申請と工事認可手続の問題点【PDF】
(10/25のヒアリングにおいて明らかになったこと)