報告ー伊方原発3号機、10月27日未明0時30分に再稼働

 ギリギリまで再稼働時間を発表できずに来た四国電力は、姑息にも深夜にこそこそと再稼働をするという醜態を晒しました。
  私たちは10月26日に高松本店行動。27日伊方現地行動を構えて最後まで反対の声を上
げ続けましたが止めることはかないませんでした。

 しかし決して負けた気はしていません。電力会社は巨大資本です。これが国家権力と一緒になって私たちに襲いかかって来ています。それでも私たち反原発の声は今だにわずか8基の稼働にとどめています。

 再稼働であろうが再再稼働であろうが原発を動かすことは絶対に許さない!!
 この闘いを全国の力を一つにして行って来たからこそ電力資本や政府に、好き勝手にさせずに来ているのではないでしょうか。

◎ 今回も高松集会には四国4県はもとより、若狭の原発を考える会、原発いらない福島の女たち、たんぽぽ舎、大阪、神戸から参加してくださいました。27日の伊方現地では加えて、大分、鹿児島、広島からも駆けつけてくださいました。
 そして各地から本当に力強いアピールをいただき四国電力に抗議の声をぶつけることができました。また、突然深夜に再稼働となりましたが、地元を中心に抗議の行動を行うこともできました。
 集会では四国4県の日常的な粘り強い行動も報告されました。この行動こそが四国電力をじわじわと追い詰めていると確信しています。原発を動かしていい理由など一つもありません。勝利の日までこれからもよろしくお願いいたします。

====================
関連報道

毎日新聞 2018年9月25日 13時33分
広島高裁 伊方原発3号機、再稼働可能に 四電異議認める
https://mainichi.jp/articles/20180925/k00/00e/040/242000c

東京新聞 2018年9月26日 朝刊
伊方3号機 再稼働容認 安全評価 国の方針に追従
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201809/CK2018092602000143.html

—–
伊方3号機の運転差止めが決まった昨年12月広島高裁判決について

2017/12/14 広島高裁が愛媛県伊方町の原発の運転の差し止めを決定
www.1242.com/lf/articles/83637/

Comments are closed.

Post Navigation