12月27日、原子力規制委員会による「東京電力 柏崎刈羽原発6・7号機の新規制基準適合性審議」の最終日、委員会前で抗議行動を行いました。東京電力は福島原発事故を引き起こした当事者であり、その事故原因も未解明、責任追及にも決着がつかない状況で、企業の利益のみが優先され再稼働容認の動きに抗議するものです。


行動報告
12.27 規制委緊急抗議行動 東電柏崎刈羽原発の再稼働を認めるな!

 暮れも押し詰まった12月27日(水)10時に原子力規制委員会が入っている六本木ファーストビル前に到着すると、カメラを持った記者たちが4組ほど待ち構えている。先に到着した数人と急いで横断旗やのぼり旗を準備する間にも記者たちがいろいろ質問してくる。
  10時を過ぎて、原子力規制委員会に向かって「柏崎刈羽原発再稼働反対」コールで抗議行動開始。毎水曜昼休み行動の常連さんや「再稼働阻止全国ネット」や「たんぽぽ舎」、「経産省前テ ントひろば」からの人たちで抗議行動をしていると、既に月曜に電話予約しておいた規制庁広報の担当が私たちの声を聞いている。
 10時10分を回ったので、数社のメディアの前で、「柏崎刈羽原発絶対反対 地元住民有志」からの抗議文と、再稼働阻止全国ネットワークからの抗議声明を読み上げて規制庁担当に手渡す。
  10時半前になり傍聴予約をしている人たちがビルの中に入っていく中で、NHK・朝日新聞・共同・読売などから取材された。引き続き、毎週昼休み行動の常連さんを中心に抗議アピールとコールを続ける。11時半になって「議題1:東京電力ホールディングス株式会社柏崎刈羽原子力発電所6号炉及び7号炉の発電用 原子炉設置変更許可について(案)」が終わり傍聴者が出て来て、柏崎刈羽6・7号機の設置変更許可が認可されたとの残念な報告をする。残念ながら二つの抗議文で認可決定を止めることはできなかった。怒りのコールを続ける間に、「議題3:三菱マテリアルの不適切行為」を聞いてきた傍聴者も出て来て順次報告。「原子力規制を監視する市民の会」の人たちも出て来て順次アピールを続ける。
 更に、柏崎刈羽原発の危険性や東電の経理的基礎無しをアピールし、「東電に適格性無し」「東電に経理的基礎無し」「柏崎刈羽原発の再稼働反対」などのコールを続けて抗議行動を終わる。
 抗議の声も届かず、柏崎刈羽6・7号機の設置変更許可は認可されてしまったが、NHKのニュースでは抗議行動も報道され、暮れの緊急行動で何とか私たちの思いを訴えることができた。

柏崎刈羽原発絶対反対 地元住民有志による抗議文
再稼働阻止全国ネットワーク 抗議声明

 
 

Comments are closed.

Post Navigation