「若狭の原発を考える会」からの呼びかけ

おおい町が大飯原発3・4号機の再稼働を容認しようとしています
断固とした緊急抗議行動に起ちましょう!
9/8(金)正午、おおい町役場にお集り下さい

木原壯林(若狭の原発を考える会)

関電が来年1月、3月に再稼働をたくらむ大飯原発3・4号機について、おおい町議会(福井県大飯郡)は、5日(火)に「全員協議会」で協議のうえ、8日(金)午後1時30分からの「原子力発電対策特別委員会」で再稼働への同意判断を行い、その結果を中塚環町長に伝える方針であることを、8月29日、浜上雄一議長と特別委の中本茂委員長が明らかにしました。

関電は、大飯原発の再稼働に向けた安全対策工事は8月30日までに完了したとし、8月31日には、おおい町の町長や町議は大飯原発を視察し、安全対策の状況を確認したとしています。茶番劇です。

原発が、人類の手におえる装置でないことは、福島の大惨事が物語っています。原発が無くても電気は足りることは福島原発事故以降の経験が教えています。

なくても何の支障もなく、危険と不安だけを与える原発を全廃しましょう!
おおい町の再稼動同意を許してはなりません!
断固とした抗議行動に起ちましょう!

☆9月8日(金)正午に、おおい町役場にお集り下さい。
 京都などから午前9時発の車を用意します。

 参加希望者は、下記までご連絡ください。
 木原:090-1965-7102、橋田:090-5676-7068、稲村:080-5713-8629

———-

関連報道

毎日新聞 2017年7月20日 地方版<福井>
大飯原発:再稼働同意 おおい町議会が来月9日判断へ
https://mainichi.jp/articles/20170720/ddl/k18/040/330000c

Comments are closed.

Post Navigation